通信で建築を学ぶこと [2/2]──京都造形芸術大学で通信教育を受けた学生が、その経験を語る - 建築系ラジオ
収録日時:2011年1月10日
収録場所:京都造形芸術大学瓜生山キャンパス
収録時間:21分36秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:10.1MB
PLAY 出演者:日高祐司+森裕美+伊藤文香+内山茂子+鶴田佳代子+山崎正晴+飯塚遵+齊藤智士+高橋春彦+松田達

京都造形芸術大学通信教育部の先生方へのインタビューに続き、後半は、学生の方々へのインタビューです。年齢も、職業も、住んでいるところも、建築を学びはじめたきっかけも実に様々な学生が、京都造形芸術大学で学ぶこと、または通信教育で学ぶことの利点、京都造形芸術大学で学ぼうと思ったきっかけ、実際にどのような生活を送っているかを、具体的なエピソードを交えながらひとりひとり話しています。多くの学生の生きいきとした声を聴くことができ、これから建築を学ぼうと考える人にとっても大変参考になるインタビューです。(花房佑衣)

・出演者プロフィール
日高祐司(ひだか・ゆうじ)
京都造形芸術大学 通信教育部 デザイン科 建築デザインコース。設計事務所勤務。

M.E.
いたって普通の30代OL。趣味は洋裁と旅行、女子会など。どんな場面でも初心や学ぶ姿勢を大切にしたいと思っています。

森裕美(もり・ひろみ)
京都生まれのアラフォー。もともとはインテリアコーディネートに興味があり、発展させるため建築を学ぶことに。現在は業界と無関係のOLですが、二級建築士資格取得後復帰を狙っています。

伊藤文香(いとう・ふみか)
岡山県在住。数種の職歴を経て現在設計事務所勤務。

内山茂子(うちやま・しげこ)
1955年生まれ。東京都在住。大学卒業後28年間都内の公立小学校で図工を教えていましたが、建築を勉強したくなり5年前に退職。すぐに京都造形芸術大学通信教育部の建築デザインコースに入学し、この春に卒業予定。

鶴田佳代子(つるだ・かよこ)
鹿児島県在住。京都造形芸術大学 通信教育部 建築デザインコース3年目。

山崎正晴(やまざき まさはる)
1982年大阪府生まれ。京都造形芸術大学 通信教育部 建築デザインコース4年目。今年度卒業予定。謝恩会幹事。

飯塚遵(いいづか・じゅん)
1965年神奈川県生まれ。京都造形芸術大学 通信教育部 建築デザインコース。仕事、建設業。趣味、旅。鎌倉在住。

齊藤智士(さいとう・さとし)
1986年生まれ。京都造形芸術大学通信教育部建築デザインコース。広渡建築設計事務所勤務。

高橋春彦(たかはし・はるひこ)
1981年生まれ。4年生大学も就職も他業種だったが、建築に興味を持ち3年前に建築設計事務所に転職。現在に至る。

・関連項目
京都造形芸術大学
京都造形芸術大学 通信教育部 建築デザインコース
(2011年1月30日公開)

連載紹介

建築家、建築関係者へのインタビュー。建築家をはじめとして、建築に関る様々な人へのインタビューを、コアメンバーが中心となって幅広く収録していきます。建築界の様々な声を拾うことで、多様な価値観を紹介していく予定です。
建築系ラジオインタビュー

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系学生のための情報サイト LUCHTA

建築系ラジオTweets