建築系ラジオ ポータルサイト
『建築系で生きよう。』

東北大五十嵐研ゼミ番外編

シネマアーキテクチャー第二十六夜
ゲームと建築4

収録日時:2018年7月31日
収録場所:東北大学
収録時間:24分34秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:11.8MB
出演者:吉川彰布+佐久間雄基+白鳥大樹
PLAY
シネマアーキテクチャ番外編、ゲームと建築の接点について4本立ての、4本目です。3本目に続き、ゲームを使った建築教育の可能性と、ゲームにおける建築表現について話していきます。「GTA」などのオープンワールドゲームや、「マインクラフト」など、ゲーム空間の自由度の上昇と、建築物表現の関連について語りました。これからの建築教育において、ゲームがどう関わっていけば良いのか、皆さんも一緒に考えながらお聴きいただければと思います。 (白鳥大樹) 

・出演者プロフィール
吉川彰布(よしかわ・あきのぶ)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

佐久間雄基(さくま・ゆうき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

白鳥大樹(しらとり・だいき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

東北大五十嵐研ゼミ番外編

シネマアーキテクチャー第二十五夜
ゲームと建築3

収録日時:2018年7月31日
収録場所:東北大学
収録時間:25分15秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12.1MB
出演者:吉川彰布+佐久間雄基+白鳥大樹
PLAY
シネマアーキテクチャ番外編、ゲームと建築の接点について4本立ての、3本目です。ゲームを使った建築教育の可能性について話していきます。「シムシティ」などの都市計画シュミレーションゲームや、「アサシンクリード」などのアクションゲームでリアルに再現された有名建築物など、建築教育に関連しそうなゲームを挙げて、その有用性について語りました。 (白鳥大樹) 

・出演者プロフィール
吉川彰布(よしかわ・あきのぶ)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

佐久間雄基(さくま・ゆうき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

白鳥大樹(しらとり・だいき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

東北大五十嵐研ゼミ番外編

シネマアーキテクチャー第二十四夜
ゲームと建築2

収録日時:2018年7月31日
収録場所:東北大学
収録時間:27分53秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:13.4MB
出演者:吉川彰布+佐久間雄基+白鳥大樹
PLAY
シネマアーキテクチャ番外編、ゲームと建築の接点について4本立ての、2本目です。映画におけるゲーム表現について話していきます。「トロン」からはじまる仮想現実表現、「ジュマンジ」などの、実空間へのゲーム空間の侵食など、その中における建築表現についても言及しつつ、語りました。ゲームの映画化の難しさについても話は及んでいきます。 (白鳥大樹) 

・出演者プロフィール
吉川彰布(よしかわ・あきのぶ)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

佐久間雄基(さくま・ゆうき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

白鳥大樹(しらとり・だいき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

東北大五十嵐研ゼミ番外編

シネマアーキテクチャー第二十三夜
ゲームと建築1

収録日時:2018年7月31日
収録場所:東北大学
収録時間:24分55秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12MB
出演者:吉川彰布+佐久間雄基+白鳥大樹
PLAY
今回のシネマアーキテクチャは番外編。ゲームと建築の接点について、4本立てでお送りします。1本目は、近年のゲーム事情について、佐久間さんが解説します。出演者それぞれの今までのゲーム体験に触れつつ、アメリカ、韓国、日本のゲーム文化まで話は広がりました。2本目以降は、映画化したゲームや、ゲームを使った建築教育について話していきます。 (白鳥大樹) 

・出演者プロフィール
吉川彰布(よしかわ・あきのぶ)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

佐久間雄基(さくま・ゆうき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

白鳥大樹(しらとり・だいき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

東北大五十嵐研ゼミ番外編

シネマアーキテクチャー第二十二夜
最近の映画作品について

収録日時:2018年6月5日
収録場所:東北大学
収録時間:36分44秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:17.6MB
出演者:吉川彰布+佐久間雄基
PLAY
今回のシネマアーキテクチャは昨年から今年の映画についてのフリートークです。近年のマーベルシネマティックユニバースに代表されるような、増産されているアメリカンコミックの映画など、最近の映画動向について語っていきます。加えて、映画において登場する有名建築の傾向についても語っています。2017年映画の軽い総括を含め、建築を絡めた最近の映画作品の動向が掴める内容になっています。ぜひお聞きください。 (白鳥大樹) 

・出演者プロフィール
吉川彰布(よしかわ・あきのぶ)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

佐久間雄基(さくま・ゆうき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

テーマ討議

建築学生サミット「建築学生サミット開幕/全国vsせんだい」(3/3)
仙台建築都市学生会議/SNOU/大人の事情とは/日本一決定戦の設立/まとめ

収録日時:2018年3月4日
収録場所:仙台市内青葉の風テラス
収録時間:31分20秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:29.4MB
PLAY 出演者:松田達+石井一貴+菱田吾朗+小坂知世+出口貫太+藤井日向子+舛友飛斗+川添純希+森本創一朗+山口裕太+池本祥子+宮澤啓斗+梁取高太+畠山亜美+佐々木夏穂+味岡佑真+利根川瞬+大沼謙太郎+増野亜美+槌田美鈴+佐藤徹哉+小杉直大+志村環太

SDL2018卒業設計日本一決定戦のファイナル当日、青葉の風テラスに全国の建築学生設計展を運営する8つの学生団体が集結して、大会関連企画の「建築学生サミット」が開催されました。ばらばらに活動していた全国の学生が集まることで、卒業設計の現在について考えようという試みです。第1部は「学生サミット開幕/全国vsせんだい」と題し、団体とそのイベントの共通点と差異、それぞれが直面している問題、そして卒業設計展の意義などが語られました。

以下、主な内容です。0:20 仙台建築都市学生会議・大規模であることの問題・歴史的空間再編コンペティション・都市の中心空洞化問題・大人の事情とは?/6:07 NAF・学生だけによる運営・卒業設計展以外のイベント/9:48 仙台建築都市学生会議の様々な活動・そこから学ぶこと/13:08 デザインレビューより・仙台は規模が大きすぎる?・アドバイザー教員との関係/16:03 SNOUと金沢市との関係/18:49 日本一決定戦の始まり・建築学生サミットの意義/24:30 各団体のまとめ


・出演者プロフィール

石井一貴(いしい・かずたか)
1994年兵庫県生まれ。京都大学工学部建築学科4回生。DiplomaxKYOTO'18 '18代表。

菱田吾朗(ひしだ・ごろう)
1995年神奈川県生まれ。京都大学工学部建築学科4回生。DiplomaxKYOTO'18企画班。

小坂知世(こさか・ともよ)
1995年埼玉県生まれ。京都大学工学部建築学科4回生。DiplomaxKYOTO'18企画班。

出口貫太(でぐち・かんた)
1996年福岡県生まれ。福岡大学工学部建築学科3年。デザインレビュー2018実行委員会代表。

藤井日向子(ふじい・ひなこ)
1996年山口県生まれ。九州大学工学部建築学科3年。デザインレビュー2018実行委員会副実行委員長。(プログラムCのみ参加)

舛友飛斗(ますとも・たかと)
1998年熊本県生まれ。熊本大学工学部建築学科2年。デザインレビュー2018実行委員会記録部。(プログラムCのみ参加)

川添純希(かわぞえ・じゅんき)
1997年熊本県生まれ。熊本大学工学部建築学科2年。デザインレビュー2018実行委員会運営部。(プログラムCのみ参加)

森本創一朗(もりもと・そういちろう)
1996年愛知県生まれ。名古屋工業大学工学部建築・デザイン工学科3年。NAGOYA Archi Fes 2018代表。

山口裕太(やまぐち・ゆうた)
1995年愛知県生まれ。名古屋工業大学工学部建築・デザイン工学科3年。NAGOYA Archi Fes 2018副代表。

池本祥子(いけもと・しょうこ)
1997年岐阜県生まれ。名古屋市立大学芸術工学部建築都市デザイン学科2年。NAGOYA Archi Fes 2018審査委員会副委員長。

宮澤啓斗(みやざわ・けいと)
1996年新潟県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 代表。

梁取高太(やなどり・こうた)
1996年新潟県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 副代表。

畠山亜美(はたけやま・あみ) 
1997年岩手県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 審査部長。

佐々木夏穂(ささき・なつほ)
1996年福島県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 審査部。

味岡佑真(あじおか・ゆうま)
1996年愛知県生まれ。金沢工業大学環境・建築学部建築学科3年。SNOU運営代表。

利根川瞬(とねがわ・しゅん)
1998年静岡県生まれ。金沢工業大学環境・建築学部建築学科1年。SNOU代表補佐。

大沼謙太郎(おおぬま・けんたろう)
1995年新潟県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科4年。全国合同卒業設計展「卒、17」代表。「卒、18」サポーター。

増野亜美(ますの・あみ)
1996年埼玉県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科2年。全国合同卒業設計展「卒、18」実行委員。

槌田美鈴(つちだ・みすず)
1997年茨城県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科2年。全国合同卒業設計展「卒、18」実行委員。

佐藤徹哉(さとう・てつや)
1997年宮城県生まれ。東北工業大学工学部建築学科3年。仙台建築都市学生会議会計局。

小杉直大(こすぎ・なおひろ)
1996年北海道生まれ。東北大学工学部建築・社会環境工学科3年。仙台建築都市学生会議監査。

志村環太(しむら・かんた)
1996年神奈川県生まれ。東北大学工学部建築・社会環境工学科3年。仙台建築都市学生会議デザイン制作局。


gakusei_summit_flyer_240.jpg
建築学生サミットフライヤー

テーマ討議

建築学生サミット「建築学生サミット開幕/全国vsせんだい」(2/3)
Nagoya Archi Fes 2018 中部卒業設計展/デザインレビュー2018/卒業設計展の意味

収録日時:2018年3月4日
収録場所:仙台市内青葉の風テラス
収録時間:34分24秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:32.3MB
PLAY 出演者:松田達+石井一貴+菱田吾朗+小坂知世+出口貫太+藤井日向子+舛友飛斗+川添純希+森本創一朗+山口裕太+池本祥子+宮澤啓斗+梁取高太+畠山亜美+佐々木夏穂+味岡佑真+利根川瞬+大沼謙太郎+増野亜美+槌田美鈴+佐藤徹哉+小杉直大+志村環太

SDL2018卒業設計日本一決定戦のファイナル当日、青葉の風テラスに全国の建築学生設計展を運営する8つの学生団体が集結して、大会関連企画の「建築学生サミット」が開催されました。ばらばらに活動していた全国の学生が集まることで、卒業設計の現在について考えようという試みです。第1部は「学生サミット開幕/全国vsせんだい」と題し、団体とそのイベントの共通点と差異、それぞれが直面している問題、そして卒業設計展の意義などが語られました。

以下、主な内容です。0:10 Nagoya Archi Fes・大学の多様性について・人格の評価?・作品か作品+人か?/21:55 デザインレビュー・懇親会も審査員へのアピールの場・審査はどういう意味で平等か?・時間的余裕のあるなし/29:18 卒業設計と大学教育・乱立する卒業設計展の意義


・出演者プロフィール

石井一貴(いしい・かずたか)
1994年兵庫県生まれ。京都大学工学部建築学科4回生。DiplomaxKYOTO'18 '18代表。

菱田吾朗(ひしだ・ごろう)
1995年神奈川県生まれ。京都大学工学部建築学科4回生。DiplomaxKYOTO'18企画班。

小坂知世(こさか・ともよ)
1995年埼玉県生まれ。京都大学工学部建築学科4回生。DiplomaxKYOTO'18企画班。

出口貫太(でぐち・かんた)
1996年福岡県生まれ。福岡大学工学部建築学科3年。デザインレビュー2018実行委員会代表。

藤井日向子(ふじい・ひなこ)
1996年山口県生まれ。九州大学工学部建築学科3年。デザインレビュー2018実行委員会副実行委員長。(プログラムCのみ参加)

舛友飛斗(ますとも・たかと)
1998年熊本県生まれ。熊本大学工学部建築学科2年。デザインレビュー2018実行委員会記録部。(プログラムCのみ参加)

川添純希(かわぞえ・じゅんき)
1997年熊本県生まれ。熊本大学工学部建築学科2年。デザインレビュー2018実行委員会運営部。(プログラムCのみ参加)

森本創一朗(もりもと・そういちろう)
1996年愛知県生まれ。名古屋工業大学工学部建築・デザイン工学科3年。NAGOYA Archi Fes 2018代表。

山口裕太(やまぐち・ゆうた)
1995年愛知県生まれ。名古屋工業大学工学部建築・デザイン工学科3年。NAGOYA Archi Fes 2018副代表。

池本祥子(いけもと・しょうこ)
1997年岐阜県生まれ。名古屋市立大学芸術工学部建築都市デザイン学科2年。NAGOYA Archi Fes 2018審査委員会副委員長。

宮澤啓斗(みやざわ・けいと)
1996年新潟県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 代表。

梁取高太(やなどり・こうた)
1996年新潟県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 副代表。

畠山亜美(はたけやま・あみ) 
1997年岩手県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 審査部長。

佐々木夏穂(ささき・なつほ)
1996年福島県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 審査部。

味岡佑真(あじおか・ゆうま)
1996年愛知県生まれ。金沢工業大学環境・建築学部建築学科3年。SNOU運営代表。

利根川瞬(とねがわ・しゅん)
1998年静岡県生まれ。金沢工業大学環境・建築学部建築学科1年。SNOU代表補佐。

大沼謙太郎(おおぬま・けんたろう)
1995年新潟県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科4年。全国合同卒業設計展「卒、17」代表。「卒、18」サポーター。

増野亜美(ますの・あみ)
1996年埼玉県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科2年。全国合同卒業設計展「卒、18」実行委員。

槌田美鈴(つちだ・みすず)
1997年茨城県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科2年。全国合同卒業設計展「卒、18」実行委員。

佐藤徹哉(さとう・てつや)
1997年宮城県生まれ。東北工業大学工学部建築学科3年。仙台建築都市学生会議会計局。

小杉直大(こすぎ・なおひろ)
1996年北海道生まれ。東北大学工学部建築・社会環境工学科3年。仙台建築都市学生会議監査。

志村環太(しむら・かんた)
1996年神奈川県生まれ。東北大学工学部建築・社会環境工学科3年。仙台建築都市学生会議デザイン制作局。


gakusei_summit_flyer_240.jpg
建築学生サミットフライヤー

テーマ討議

建築学生サミット「建築学生サミット開幕/全国vsせんだい」(1/3)
主旨説明と自己紹介/卒、18/新潟建築卒業設計展session!/Diploma×KYOTO'18

収録日時:2018年3月4日
収録場所:仙台市内青葉の風テラス
収録時間:51分40秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:48.4MB
PLAY 出演者:松田達+石井一貴+菱田吾朗+小坂知世+出口貫太+藤井日向子+舛友飛斗+川添純希+森本創一朗+山口裕太+池本祥子+宮澤啓斗+梁取高太+畠山亜美+佐々木夏穂+味岡佑真+利根川瞬+大沼謙太郎+増野亜美+槌田美鈴+佐藤徹哉+小杉直大+志村環太

SDL2018卒業設計日本一決定戦のファイナル当日、青葉の風テラスに全国の建築学生設計展を運営する8つの学生団体が集結して、大会関連企画の「建築学生サミット」が開催されました。ばらばらに活動していた全国の学生が集まることで、卒業設計の現在について考えようという試みです。第1部は「学生サミット開幕/全国vsせんだい」と題し、団体とそのイベントの共通点と差異、それぞれが直面している問題、そして卒業設計展の意義などが語られました。

以下、主な内容です。0:10 主旨説明 /3:41 自己紹介 /8:56 卒、18について・赤レンガとの違いは?・イベントは形骸化していないか?/23:47 Session!について・審査員との近い関係・資金と距離の問題/34:50 Diploma x KYOTOについて・独自の講評方法・出展と運営の掛け持ち・縦割りと京大中心問題


・出演者プロフィール

松田達(まつだ・たつ)
1975年石川県生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

石井一貴(いしい・かずたか)
1994年兵庫県生まれ。京都大学工学部建築学科4回生。DiplomaxKYOTO'18 '18代表。

菱田吾朗(ひしだ・ごろう)
1995年神奈川県生まれ。京都大学工学部建築学科4回生。DiplomaxKYOTO'18企画班。

小坂知世(こさか・ともよ)
1995年埼玉県生まれ。京都大学工学部建築学科4回生。DiplomaxKYOTO'18企画班。

出口貫太(でぐち・かんた)
1996年福岡県生まれ。福岡大学工学部建築学科3年。デザインレビュー2018実行委員会代表。

藤井日向子(ふじい・ひなこ)
1996年山口県生まれ。九州大学工学部建築学科3年。デザインレビュー2018実行委員会副実行委員長。

舛友飛斗(ますとも・たかと)
1998年熊本県生まれ。熊本大学工学部建築学科2年。デザインレビュー2018実行委員会記録部。

川添純希(かわぞえ・じゅんき)
1997年熊本県生まれ。熊本大学工学部建築学科2年。デザインレビュー2018実行委員会運営部。

森本創一朗(もりもと・そういちろう)
1996年愛知県生まれ。名古屋工業大学工学部建築・デザイン工学科3年。NAGOYA Archi Fes 2018代表。

山口裕太(やまぐち・ゆうた)
1995年愛知県生まれ。名古屋工業大学工学部建築・デザイン工学科3年。NAGOYA Archi Fes 2018副代表。

池本祥子(いけもと・しょうこ)
1997年岐阜県生まれ。名古屋市立大学芸術工学部建築都市デザイン学科2年。NAGOYA Archi Fes 2018審査委員会副委員長。

宮澤啓斗(みやざわ・けいと)
1996年新潟県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 代表。

梁取高太(やなどり・こうた)
1996年新潟県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 副代表。

畠山亜美(はたけやま・あみ) 
1997年岩手県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 審査部長。

佐々木夏穂(ささき・なつほ)
1996年福島県生まれ。 新潟大学工学部 建設学科 建築学コース3年。 新潟建築学生フォーラム.n 審査部。

味岡佑真(あじおか・ゆうま)
1996年愛知県生まれ。金沢工業大学環境・建築学部建築学科3年。SNOU運営代表。

利根川瞬(とねがわ・しゅん)
1998年静岡県生まれ。金沢工業大学環境・建築学部建築学科1年。SNOU代表補佐。

大沼謙太郎(おおぬま・けんたろう)
1995年新潟県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科4年。全国合同卒業設計展「卒、17」代表。「卒、18」サポーター。

増野亜美(ますの・あみ)
1996年埼玉県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科2年。全国合同卒業設計展「卒、18」実行委員。

槌田美鈴(つちだ・みすず)
1997年茨城県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科2年。全国合同卒業設計展「卒、18」実行委員。

佐藤徹哉(さとう・てつや)
1997年宮城県生まれ。東北工業大学工学部建築学科3年。仙台建築都市学生会議会計局。

小杉直大(こすぎ・なおひろ)
1996年北海道生まれ。東北大学工学部建築・社会環境工学科3年。仙台建築都市学生会議監査。

志村環太(しむら・かんた)
1996年神奈川県生まれ。東北大学工学部建築・社会環境工学科3年。仙台建築都市学生会議デザイン制作局。


gakusei_summit_flyer_240.jpg
建築学生サミットフライヤー


テーマ討議

SDL2018 卒業設計日本一決定戦「延長戦」!
審査過程の再検討/ヒューマン派対アンチ・ヒューマン派/卒業設計はフィクションか?

収録日時:2018年3月5日
収録場所:仙台市内
収録時間:54分48秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:51.4MB
PLAY 出演者:赤松佳珠子+五十嵐淳+松田達+辻琢磨+菱田吾朗+中谷圭介

2018年3月4日、せんだいデザインリーグ2018卒業設計日本一決定戦が開催されました。今年度は審査の最終段階で時間がなくなり、十分な議論がされ尽くして日本一が決まったとは言えないような慌ただしい展開があった。納得がいかないという審査員もいる。打ち上げでもその話題でもちきり。そこで当日の深夜、ファイナルの3人の審査員が参加して、もやもやとしたフラストレーションを解消すべく、さらなる議論が行われました。いわば卒業設計日本一決定戦の「延長戦」。その結末はいかに?


・出演者プロフィール

赤松佳珠子(あかまつ・かずこ) 
1968年東京都生まれ。CAt/シーラカンスアンドアソシエイツ トウキョウ。法政大学准教授。

五十嵐淳(いがらし・じゅん) 
1970年北海道生まれ。五十嵐淳建築設計事務所代表。

松田達(まつだ・たつ) 
1975年石川県生まれ。建築系ラジオコアメンバー。武蔵野大学工学部建築デザイン学科講師。

辻琢磨(つじ・たくま) 
1986年静岡県生まれ。403architecture共同主宰。

菱田吾朗(ひしだ・ごろう) 
京都大学工学部建築学科4年。Diploma × KYOTO'18企画班。

中谷圭佑(なかや・けいすけ) 
東北大学工学部3年。SDL2018卒業設計日本一決定戦実行委員長。

テーマ討議

全国合同卒業設計展「卒、18」の審査を終えて
受賞者、審査員、運営学生に聞く

収録日時:2018年2月24日
収録場所:東京芸術センター
収録時間:26分12秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:24.6MB
PLAY 出演者:前田圭介+藤野高志+松田達+冨永美保+前田佳乃+中村園香+平井未央+大沼謙太郎+小鎌郁也

2018年2月24日から26日にかけて、全国同業卒業設計展「卒、18」が北千住の東京芸術センターにて開催されました。2月24日の審査終了後に、受賞者の皆さん、審査員の皆さん、また運営学生の皆さんに話を聞きました。特に、この日の審査は最後の3作品が、甲乙つけがたい大接戦。審査員の点数の合計が同点で三すくみの状態になるという出来事もありました。身近な日常の生活空間、スラムの現実に学んだ新しい設計手法、資本主義が成立させる変化する都市建築という、それぞれ対象的な作品を学生と審査員はそれぞれどのように感じていたのか。卒業設計論にも踏み込む内容が話されました。


・出演者プロフィール

前田圭介(まえだ・けいすけ) 
1974年広島県生まれ。建築家。UID代表。

藤野高志(ふじの・たかし) 
1975年群馬県生まれ。建築家。生物建築舎代表。

冨永美保(とみなが・みほ) 
1988年生まれ。トミトアーキテクチャ共同主宰。

前田佳乃(まえだ・かの) 
東京理科大学工学部4年。「卒、18」にて藤尾賞受賞

中村園香(なかむら・そのか) 
東京理科大学工学部4年。「卒、18」にて松田賞受賞。

平井未央(ひらい・みお) 
日本女子大学4年。「卒、18」にて最優秀賞受賞。

大沼謙太郎(おおぬま・けんたろう) 
日本大学生産工学部4年。全国同業卒業設計展「卒、17」代表。

小鎌郁也(こがま・いくや) 
芝浦工業大学3年。全国同業卒業設計展「卒、18」代表。

松田達(まつだ・たつ) 
建築系ラジオコアメンバー

more...



特集

インフォメーション

バックナンバー

タグクラウド

建築士を目指すなら 日建学院

建築士一発合格なら 総合資格学院

せんだいスクール・オブ・デザイン

建築系ラジオTweets