建築系ラジオ ポータルサイト

全体討議

建築系ラジオ再開!「新型コロナウイルスが変える建築状況をめぐって」(3/3)
新型コロナウイルス状況下における都市と建築

収録日時:2020年4月25日
収録場所:オンライン収録
収録時間:41分11秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:54.3MB
PLAY 出演者:山口晋作+今村謙人+五十嵐太郎+倉方俊輔+北川啓介+松田達+天内大樹

建築系ラジオ初のオンライン収録を行った。2019年に行われた第1回山田幸司賞を受賞した山口晋作さん、山田幸司賞特別賞を受賞した今村謙人さんを迎えて、久々に建築系ラジオコアメンバーらが集まった。建築系ラジオらしく、オンライン飲み会を行いながらの収録である。
第3部では、新型コロナウイルス状況下における建築が具体的に語られる。ほとんどすべての仕事が止まったけれども、発注なしに屋台をつくる今村謙人さんと、逆にコロナの影響をほとんど受けずにいまも多くの仕事が動いている山口晋作さん、対照的な二人の話が語られます。北川啓介さんからは、新しい仕組みに寄る建築空間構築の準備について、松田は集団免疫後にもとに戻る世界と小さな自粛の繰り返しによる2つの未来と空間の変容について、倉方俊輔さんは、フランク・ロイド・ライトのDensity vs. Dispersal(密集か分散か)というMoMAの展覧会を挙げつつ、密集と分散という対極的な都市の理想像について、天内大樹さんは、ペストの衝撃と「死の舞踏」との関係をメタファーから、制度に支えられた美術と表現意欲の先立つ美術のうち後者への注目を、それぞれ語る。さらに、卒業設計の変化、秋学期入学の可能性、急速なIT化・オンライン化、学生はいつ授業を聞くべきか?など複数の問題が並列的に議論されていく。


・出演者プロフィール

山口晋作(やまぐち・しんさく)
1975年岡山県生まれ。1996年高松高専土木工学科卒業。2002年豊橋技術科学大学大学院修了。同年「倉敷建築工房 楢村徹設計室」入社。2009年に独立し「倉敷建築工房 山口晋作設計室」として活動中。2015年一般社団法人クリエイターズラウンジ理事。2019年建築系ラジオ「第1回 山田幸司賞」受賞。

今村謙人(いまむら・けんと)
建築家。1985年静岡県生まれ。2011年大阪市立大学大学院修士課程修了。2011年株式会社オープン・エー、2012年一級建築士事務所八百光設計部、2012-2014年株式会社ビデオインフォメーションセンター、2017年カモメ・ラボ設立。受賞=山田幸司賞・特別賞受賞(2019年)

五十嵐太郎(いがらし・たろう)
1967年パリ生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

倉方俊輔(くらかた・しゅんすけ)
1971年東京都生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

北川啓介(きたがわ・けいすけ)
1974年愛知県生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

松田達(まつだ・たつ)
1975年石川県生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

天内大樹(あまない・だいき)
1980年東京都生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

全体討議

建築系ラジオ再開!「新型コロナウイルスが変える建築状況をめぐって」(2/3)
オンライン化が変える大学と建築教育

収録日時:2020年4月25日
収録場所:オンライン収録
収録時間:36分22秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:47.9MB
PLAY 出演者:山口晋作+今村謙人+五十嵐太郎+倉方俊輔+北川啓介+松田達+天内大樹

建築系ラジオ初のオンライン収録を行った。2019年に行われた第1回山田幸司賞を受賞した山口晋作さん、山田幸司賞特別賞を受賞した今村謙人さんを迎えて、久々に建築系ラジオコアメンバーらが集まった。建築系ラジオらしく、オンライン飲み会を行いながらの収録である。
第2部では、コロナウイルスにより今季は遠隔授業が標準となった大学において、今後の建築教育をどのように考えていくべきなのか、様々な観点から語られる。座学・ゼミ・CAD・設計製図・卒業設計など、それぞれの授業はどうなっていくのか?出席の考え方はどうなる?友達はつくれるのか?など、コロナウイルス状況下における大学建築教育について、議論が進む。


・出演者プロフィール

山口晋作(やまぐち・しんさく)
1975年岡山県生まれ。1996年高松高専土木工学科卒業。2002年豊橋技術科学大学大学院修了。同年「倉敷建築工房 楢村徹設計室」入社。2009年に独立し「倉敷建築工房 山口晋作設計室」として活動中。2015年一般社団法人クリエイターズラウンジ理事。2019年建築系ラジオ「第1回 山田幸司賞」受賞。

今村謙人(いまむら・けんと)
建築家。1985年静岡県生まれ。2011年大阪市立大学大学院修士課程修了。2011年株式会社オープン・エー、2012年一級建築士事務所八百光設計部、2012-2014年株式会社ビデオインフォメーションセンター、2017年カモメ・ラボ設立。受賞=山田幸司賞・特別賞受賞(2019年)

五十嵐太郎(いがらし・たろう)
1967年パリ生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

倉方俊輔(くらかた・しゅんすけ)
1971年東京都生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

北川啓介(きたがわ・けいすけ)
1974年愛知県生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

松田達(まつだ・たつ)
1975年石川県生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

天内大樹(あまない・だいき)
1980年東京都生まれ。建築系ラジオコアメンバー。



全体討議

建築系ラジオ再開!「新型コロナウイルスが変える建築状況をめぐって」(1/3)
自宅待機のいまこそ聞こう、建築系ラジオのおすすめコンテンツ

収録日時:2020年4月25日
収録場所:オンライン収録
収録時間:34分28秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:44.5MB
PLAY 出演者:山口晋作+今村謙人+五十嵐太郎+倉方俊輔+北川啓介+松田達+天内大樹

建築系ラジオ初のオンライン収録を行った。2019年に行われた第1回山田幸司賞を受賞した山口晋作さん、山田幸司賞特別賞を受賞した今村謙人さんを迎えて、久々に建築系ラジオコアメンバーらが集まった。建築系ラジオらしく、オンライン飲み会を行いながらの収録である。
新型コロナウイルス感染拡大状況下において、いまこそ建築系ラジオのオンラインコンテンツが、自宅待機をしている建築学生にも役に立つのではないかということから、第1部では、受賞者二人の紹介の後に、それぞれの建築系ラジオのお勧めコンテンツが紹介される。各メンバーの近況も語られ、建築系ラジオって何?という方にも、ぜひ聞いていただきたい内容。

・出演者プロフィール

山口晋作(やまぐち・しんさく)
1975年岡山県生まれ。1996年高松高専土木工学科卒業。2002年豊橋技術科学大学大学院修了。同年「倉敷建築工房 楢村徹設計室」入社。2009年に独立し「倉敷建築工房 山口晋作設計室」として活動中。2015年一般社団法人クリエイターズラウンジ理事。2019年建築系ラジオ「第1回 山田幸司賞」受賞。

今村謙人(いまむら・けんと)
建築家。1985年静岡県生まれ。2011年大阪市立大学大学院修士課程修了。2011年株式会社オープン・エー、2012年一級建築士事務所八百光設計部、2012-2014年株式会社ビデオインフォメーションセンター、2017年カモメ・ラボ設立。受賞=山田幸司賞・特別賞受賞(2019年)

五十嵐太郎(いがらし・たろう)
1967年パリ生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

倉方俊輔(くらかた・しゅんすけ)
1971年東京都生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

北川啓介(きたがわ・けいすけ)
1974年愛知県生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

松田達(まつだ・たつ)
1975年石川県生まれ。建築系ラジオコアメンバー。

天内大樹(あまない・だいき)
1980年東京都生まれ。建築系ラジオコアメンバー。


東北大五十嵐研ゼミ番外編

シネマアーキテクチャー第二十七夜
2019年映画総括

収録日時:2020年3月11日
収録場所:東北大学
収録時間:87分26秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:31.5MB
出演者:吉川彰布+佐久間雄基+白鳥大樹+Mirzadelya Devanastya
PLAY
久々のシネマアーキテクチャ。今回は2019年の映画総括です。前半は参加者それぞれの私的ベストからアカデミー賞などの話をからめた2019年の傾向について語りました。そして、今回はゲストとしてインドネシア出身のミルザさんにご出演いただき、最近注目のインドネシア映画界の動向についても、お話しいただきました。後半につれ、映画雑談のようになってしまいましたが、否応なしに家にいる時間が増えてきている昨今、のんびりとお聴きいただければと思います。 (白鳥大樹) 

・出演者プロフィール
吉川彰布(よしかわ・あきのぶ)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

佐久間雄基(さくま・ゆうき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

白鳥大樹(しらとり・だいき)
東北大学大学院五十嵐研究室OB。

Mirzadelya Devanastya(ミルザデリャ・デバナスティア)
東北大学大学院五十嵐研究室博士課程。

キルコス国際建築設計コンペティション

米澤隆さんからの審査講評インタビュー
キルコス国際建築設計コンペティション2018

収録日時:2019年1月13日
収録場所:電話収録
収録時間:10分32秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:4.94MB PLAY 出演者:米澤隆

キルコス国際建築設計コンペティションでは、20組の審査員一人ひとりが、金賞・銀賞・ 銅賞・佳作を選定する国際建築設計コンペティションです。多くの作品を選定するのは、そのアイディアを見逃さないことで、建築の可能性を広げられるのではないか。そう強く信じるからです。またコンペティションが終わっても、一人ひとりの審査員が、どの作品を、どう評価したのかを見られる仕組みをつくることで、すべてのひとが建築について深く考えられます。私たちが目指すのは、多くの表現を通して建築の未来を考えられる空前絶後のアイディアコンペティションです。 後援している建築系ラジオでは、20組の審査員からの講評の収録を配信します。審査結果だけからではなく、一人ひとりの審査員の価値観がわかる、キルコス国際建築設計コンペティションならではの、見る見られるの感覚をお楽しみください。(北川啓介) 

・出演者プロフィール
米澤隆(よねざわ・たかし)
建築家 ◎1982年京都府生まれ ◎2007年名古屋工業大学工学部卒業。2014年名古屋工業大学大学院工学研究科博士後期課程修了、博士(工学)。現在、米澤隆建築設計事務所主宰。大同大学専任講師。◎作品:『公文式という建築』、『パラコンテクストアーキテクチャー』、『Glass Pavilion』、『福田邸』、『白と黒の家』など ◎受賞:『SDReview2008入選』、『京都デザイン賞』、『AR Awards 2011(イギリス)優秀賞』、『JCDデザインアワード2012 金賞+五十嵐太郎賞』、『U-30 Glass Architecture Competition 最優秀賞』、『THE INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARD 2013(アメリカ)』、『SDReview2014入選』、『日本建築学会作品選集新人賞2015』、『AR House Awards2015(イギリス)Shortlisted』、『SDReview2015入選』など。

伊藤砂織(いとう・さおり)
キルコス国際建築設計コンペティション実行委員会

・関連項目
キルコス国際建築設計コンペティション

キルコス国際建築設計コンペティション

山口陽登さんからの審査講評インタビュー
キルコス国際建築設計コンペティション2018

収録日時:2018年12月27日
収録場所:電話収録
収録時間:9分40秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:4.54MB PLAY 出演者:山口陽登

キルコス国際建築設計コンペティションでは、20組の審査員一人ひとりが、金賞・銀賞・ 銅賞・佳作を選定する国際建築設計コンペティションです。多くの作品を選定するのは、そのアイディアを見逃さないことで、建築の可能性を広げられるのではないか。そう強く信じるからです。またコンペティションが終わっても、一人ひとりの審査員が、どの作品を、どう評価したのかを見られる仕組みをつくることで、すべてのひとが建築について深く考えられます。私たちが目指すのは、多くの表現を通して建築の未来を考えられる空前絶後のアイディアコンペティションです。 後援している建築系ラジオでは、20組の審査員からの講評の収録を配信します。審査結果だけからではなく、一人ひとりの審査員の価値観がわかる、キルコス国際建築設計コンペティションならではの、見る見られるの感覚をお楽しみください。(北川啓介) 

・出演者プロフィール
山口陽登(やまぐち・あきと) 
建築家 ◎1980年大阪生まれ。2005年大阪市立大学大学院修士課程修了。2005年〜2013年株式会社日本設計。2013年からシイナリ建築設計事務所主宰。現在、大阪市立大学、関西大学、大阪芸術大学、大阪工業技術専門学校 非常勤講師。 ◎受賞:2014年「CONSTANT APARTMENT(共同設計:白須寛規)」でSDレビュー鹿島賞。

伊藤砂織(いとう・さおり)
キルコス国際建築設計コンペティション実行委員会

・関連項目
キルコス国際建築設計コンペティション

キルコス国際建築設計コンペティション

武藤圭太郎さんからの審査講評インタビュー
キルコス国際建築設計コンペティション2018

収録日時:2019年1月10日
収録場所:電話収録
収録時間:13分27秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:6.31MB PLAY 出演者:武藤圭太郎

キルコス国際建築設計コンペティションでは、20組の審査員一人ひとりが、金賞・銀賞・ 銅賞・佳作を選定する国際建築設計コンペティションです。多くの作品を選定するのは、そのアイディアを見逃さないことで、建築の可能性を広げられるのではないか。そう強く信じるからです。またコンペティションが終わっても、一人ひとりの審査員が、どの作品を、どう評価したのかを見られる仕組みをつくることで、すべてのひとが建築について深く考えられます。私たちが目指すのは、多くの表現を通して建築の未来を考えられる空前絶後のアイディアコンペティションです。 後援している建築系ラジオでは、20組の審査員からの講評の収録を配信します。審査結果だけからではなく、一人ひとりの審査員の価値観がわかる、キルコス国際建築設計コンペティションならではの、見る見られるの感覚をお楽しみください。(北川啓介) 

・出演者プロフィール
武藤圭太郎(むとう・けいたろう) 建築家 ◎岐阜県生まれ。2004年明治大学大学院建築学専攻修了。2010年武藤圭太郎建築設計事務所設立。現在、大同大学非常勤講師 ◎受賞:2013年、北方町新庁舎建築設計プロポーザル最優秀賞(C+Aと共同)。2016年、中部建築賞(SHIMA)。2017年、中部建築賞(HINO1、北方町庁舎C+Aと共同)。2017年、岐阜市景観賞(HINO2)など。

伊藤砂織(いとう・さおり)
キルコス国際建築設計コンペティション実行委員会

・関連項目
キルコス国際建築設計コンペティション

キルコス国際建築設計コンペティション

諸江一紀さんからの審査講評インタビュー
キルコス国際建築設計コンペティション2018

収録日時:2018年12月27日
収録場所:電話収録
収録時間:10分57秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:5.14MB PLAY 出演者:諸江一紀

キルコス国際建築設計コンペティションでは、20組の審査員一人ひとりが、金賞・銀賞・ 銅賞・佳作を選定する国際建築設計コンペティションです。多くの作品を選定するのは、そのアイディアを見逃さないことで、建築の可能性を広げられるのではないか。そう強く信じるからです。またコンペティションが終わっても、一人ひとりの審査員が、どの作品を、どう評価したのかを見られる仕組みをつくることで、すべてのひとが建築について深く考えられます。私たちが目指すのは、多くの表現を通して建築の未来を考えられる空前絶後のアイディアコンペティションです。 後援している建築系ラジオでは、20組の審査員からの講評の収録を配信します。審査結果だけからではなく、一人ひとりの審査員の価値観がわかる、キルコス国際建築設計コンペティションならではの、見る見られるの感覚をお楽しみください。(北川啓介) 

・出演者プロフィール
諸江一紀(もろえ・かずき)
建築家 ◎1974年、茨城県生まれ。1998年、東京都立大学工学部建築学科卒業。2000年、高松伸建築設計事務所。2003年、東京都立大学大学院工学研究科修了。2003年?07年、シーラカンスアンドアソシエイツ勤務。2008年、諸江一紀建築設計事務所設立。現在、名古屋大学、名城大学非常勤講師。 ◎受賞=2014年「御器所の住宅」で日本建築学会東海賞。2015年「尾張旭の住宅」で、2017年「LT城西2」で愛知住宅賞。

伊藤砂織(いとう・さおり)
キルコス国際建築設計コンペティション実行委員会

・関連項目
キルコス国際建築設計コンペティション

キルコス国際建築設計コンペティション

前田茂樹さんからの審査講評インタビュー
キルコス国際建築設計コンペティション2018

収録日時:2019年1月16日
収録場所:電話収録
収録時間:13分24秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:6.28MB PLAY 出演者:前田茂樹

キルコス国際建築設計コンペティションでは、20組の審査員一人ひとりが、金賞・銀賞・ 銅賞・佳作を選定する国際建築設計コンペティションです。多くの作品を選定するのは、そのアイディアを見逃さないことで、建築の可能性を広げられるのではないか。そう強く信じるからです。またコンペティションが終わっても、一人ひとりの審査員が、どの作品を、どう評価したのかを見られる仕組みをつくることで、すべてのひとが建築について深く考えられます。私たちが目指すのは、多くの表現を通して建築の未来を考えられる空前絶後のアイディアコンペティションです。 後援している建築系ラジオでは、20組の審査員からの講評の収録を配信します。審査結果だけからではなく、一人ひとりの審査員の価値観がわかる、キルコス国際建築設計コンペティションならではの、見る見られるの感覚をお楽しみください。(北川啓介) 

・出演者プロフィール
前田茂樹(まえだ・しげき)
建築家 ◎大阪大学建築工学科卒業。東京藝術大学大学院中退。ドミニク・ペロー建築設計事務所(フランス)に2000~2010年勤務し大阪富国生命ビルを担当。現在は大阪工業大学建築学科にて准教授として教鞭をとりつつ、ジオグラフィック・デザイン・ラボを共同設立し国内外の建築設計に携わる。 ◎受賞:バングラデシュ・サイクロンシェルター国際設計競技最優秀賞、日経ニューオフィス賞奨励賞(ノルトロック新社屋) ◎編著:「海外で建築を仕事にする」(学芸出版社)

小川砂織(おがわ・さおり)
キルコス国際建築設計コンペティション実行委員会

・関連項目
キルコス国際建築設計コンペティション

キルコス国際建築設計コンペティション

藤尾篤さんからの審査講評インタビュー
キルコス国際建築設計コンペティション2018

収録日時:2019年1月23日
収録場所:電話収録
収録時間:11分53秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:5.57MB PLAY 出演者:藤尾篤

キルコス国際建築設計コンペティションでは、20組の審査員一人ひとりが、金賞・銀賞・ 銅賞・佳作を選定する国際建築設計コンペティションです。多くの作品を選定するのは、そのアイディアを見逃さないことで、建築の可能性を広げられるのではないか。そう強く信じるからです。またコンペティションが終わっても、一人ひとりの審査員が、どの作品を、どう評価したのかを見られる仕組みをつくることで、すべてのひとが建築について深く考えられます。私たちが目指すのは、多くの表現を通して建築の未来を考えられる空前絶後のアイディアコンペティションです。 後援している建築系ラジオでは、20組の審査員からの講評の収録を配信します。審査結果だけからではなく、一人ひとりの審査員の価値観がわかる、キルコス国際建築設計コンペティションならではの、見る見られるの感覚をお楽しみください。(北川啓介) 

・出演者プロフィール
藤尾篤(ふじお・あつし)
構造家 ◎1977年、愛知県生まれ。2001年、名古屋工業大学卒業。2003年、名古屋工業大学大学院修了。2003~2008年、金箱構造設計事務所勤務。2008年、藤尾建築構造設計事務所設立。 ◎構造設計:もやいの家瑞穂(意匠:大建met、2011)、尾鷲小学校・尾鷲幼稚園(意匠:CAn、2012)、高志の国文学館(意匠:CAn、2012)、愛知産業大学言語情報センター(意匠:studio velocity、2013)。

伊藤砂織(いとう・さおり)
キルコス国際建築設計コンペティション実行委員会

・関連項目
キルコス国際建築設計コンペティション
more...



特集

インフォメーション

バックナンバー

タグクラウド

建築士を目指すなら 日建学院

建築士一発合格なら 総合資格学院

せんだいスクール・オブ・デザイン

建築系ラジオTweets