建築系ラジオ: せんだいスクール・オブ・デザインアーカイブ

せんだいスクール・オブ・デザイン

せんだいスクール・オブ・デザイン2011 [07]
SSD研究員インタビュー 3/3

収録日時:2011年12月15日
収録場所:東北大学片平キャンパス構内
収録時間:26分56秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12.3MB
PLAY 出演者:阿部篤+斧澤未知子+保科陽介+天内大樹

今回はSSDのスタジオ科目の「futureラボ」と、レクチャー科目の「interactive レクチャー」についてお話しいただきました。2011年度秋学期では、第一線で活躍する建築家や、さまざまな分野で活動する専門家を講師にむかえ、地域に根ざしたリサーチと対話が行われました。そして3月20日(火)には、せんだいメディアテークにて「2011年度秋学期成果発表シンポジウム」も予定されています。こちらも注目です。(近藤洋輔)


■せんだいスクール・オブ・デザイン

http://sendaischoolofdesign.jp/

・出演者プロフィール
阿部篤(あべ・あつし)

せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。東北大学大学院工学研 究科都市・建築学専攻 博士後期課程単位取得退学、修士(工学)。

斧澤未知子(おのざわ・みちこ)

せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻建築工学コース修了、修士(工学)。

保科陽介(ほしな・ようすけ)

せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。Southern California Institute of Architecture卒業。

天内大樹(あまない・だいき)
建築系ラジオパートナー。

せんだいスクール・オブ・デザイン2011 [06]
SSD研究員インタビュー 2/3

収録日時:2011年12月15日
収録場所:東北大学片平キャンパス構内
収録時間:26分57秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12.3MB
PLAY 出演者:阿部篤+斧澤未知子+保科陽介+天内大樹

SSD研究員の皆さまに対するインタビューの第2回目は、2011年度秋学期に開講されているスタジオについて、研究員の皆さまが担当しているものを中心にお話を頂きました。「国際軸」については国際ワークショップの模様を、「コミュニケーション軸」については「モニュメントとアーカイブ」というテーマについてお話頂き、そして「メディア軸」については新しい講師として藤村龍至氏を迎えて、当時現在進行形で起きつつあるS-memeの変化についてなど、それぞれの成果物に大変興味が湧いてくる内容となっています。スタジオの経緯はSSDのHP(下記)にて詳しく報告されています。(正木哲)


■せんだいスクール・オブ・デザイン

http://sendaischoolofdesign.jp/

・出演者プロフィール
阿部篤(あべ・あつし)

せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。東北大学大学院工学研 究科都市・建築学専攻 博士後期課程単位取得退学、修士(工学)。

斧澤未知子(おのざわ・みちこ)

せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻建築工学コース修了、修士(工学)。

保科陽介(ほしな・ようすけ)

せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。Southern California Institute of Architecture卒業。

天内大樹(あまない・だいき)
建築系ラジオパートナー。

せんだいスクール・オブ・デザイン2011 [05]
SSD研究員インタビュー 1/3

収録日時:2011年12月15日
収録場所:東北大学片平キャンパス構内
収録時間:24分28秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:11.2MB
PLAY 出演者:阿部篤+斧澤未知子+保科陽介+天内大樹

今回はせんだいスクール・オブ・デザイン(以下SSD)の運営に携わる研究員の皆さまに、震災以降のSSDの活動の様子や成果物等についてお話を伺いました。この回では特に、2011年度春学期の、五十嵐太郎担当スタジオ[ ARP02 メディア軸 ]の成果物である、雑誌『S-meme02』についてや、昨年のヨコハマトリエンナーレ2011特別連携プログラムにおける、期間限定で開催されたエクステンションプログラム『せんだいスクール・オブ・デザインextention』について、運営側スタッフならではのお話頂いています。雑誌『S-meme02』の制作秘話や、震災を受けてからの2011年度春学期の様子などが語られています。(正木哲)


■せんだいスクール・オブ・デザイン

http://sendaischoolofdesign.jp/

・出演者プロフィール
阿部篤(あべ・あつし)

せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。東北大学大学院工学研 究科都市・建築学専攻 博士後期課程単位取得退学、修士(工学)。

斧澤未知子(おのざわ・みちこ)

せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻建築工学コース修了、修士(工学)。

保科陽介(ほしな・ようすけ)

せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。Southern California Institute of Architecture卒業。

天内大樹(あまない・だいき)
建築系ラジオパートナー。

せんだいスクール・オブ・デザイン2011 [04]
広報・柴田直美インタビュー

収録日時:2011年7月25日
収録場所:東京ミッドタウン
収録時間:18分18秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12.5MB
PLAY 出演者:柴田直美+松田達

現在、フリーランスの編集、デザイナーやキュレーター活動をしている、柴田直美さんにせんだいスクール・オブ・デザイン(SSD)の広報と年所報告書の編集ついてインタビューした様子をお送りします。柴田さんから見たSSDの魅力や、建築における広報の役割について幅広く伺いました。現在の職業に至った経緯、また「建築学科卒、だけど仕事は建築以外」のような、建築学科で学んだことが実際に活かされた場面なども伺っているので、広報や編集に興味ある方は特に要チェックです。
今年度、開校していたスタジオ、レクチャーシリーズや成果物などをまとめた年所報告書は、今後SSDのホームページからダウンロードできるようになります。(上條美里)


■せんだいスクール・オブ・デザイン

http://sendaischoolofdesign.jp/

・出演者プロフィール
柴田直美(しばた・なおみ)

SSD広報・編集担当。1999年 武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。現在、フリーランスの編集者、デザイナーとして活動。

松田達(まつだ・たつ)
建築系ラジオコアメンバー

せんだいスクール・オブ・デザイン2011 [03]
アジャイル・リサーチ・プロジェクト(ARP)01:災害のデータスケープ

収録日時:2011年7月21日
収録場所:仙台駅近辺某所
収録時間:17分54秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12.9MB
PLAY 出演者:阿部篤+松田達

せんだいスクール・オブ・デザインの2011年度春学期では、東日本大震災に対応して、変則的にアジャイル・リサーチ・プロジェクト(ARP)というリサーチを行っています。今回はせんだいスクール・オブ・デザインの研究員である阿部篤さんに、テーマの一つである「災害のデータスケープ」について解説していただきました。さまざまな現象にまつわる「量」を分析し、それらを視覚化するという試みに注目です。(近藤洋輔)

・出演者プロフィール
阿部篤(あべ・あつし)
せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻 博士後期課程単位取得退学、修士(工学)

松田達(まつだ・たつ)
建築系ラジオコアメンバー

せんだいスクール・オブ・デザイン2011 [02]
ARP02:S-meme02 文化被災特集

収録日時:2011年6月24日
収録場所:仙台駅近辺某所
収録時間:11分38秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:8.4MB
PLAY 出演者:斧澤未知子+阿部篤+松田達

せんだいスクール・オブ・デザインの2011年度春学期では、東日本大震災に対応して、変則的にアジャイル・リサーチ・プロジェクト(ARP)というリサーチを行っています。その3つのうちの一つが、S-memeという雑誌制作の第2弾。斧澤未知子さんらが担当となり、「文化被災」をテーマに、第1号のアヴァンギャルドな装丁以上のものを目指して、制作に励んでいる様子を紹介して頂きました。(編集部)

・出演者プロフィール
斧澤未知子(おのさわ・みちこ)
せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻建築工学コース修了、修士(工学)

阿部篤(あべ・あつし)
せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻 博士後期課程単位取得退学、修士(工学)

松田達(まつだ・たつ)
建築系ラジオコアメンバー

せんだいスクール・オブ・デザイン2011 [01]
2011年度春学期と特別講座「復興へのリデザイン」

収録日時:2011年6月24日
収録場所:仙台駅近辺某所
収録時間:15分18秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:11.0MB
PLAY 出演者:阿部篤+遠藤和紀+松田達

2011年3月11日の大地震がもたらした東日本大震災は、せんだいスクール・オブ・デザイン(SSD)の活動拠点にも大きなダメージを残した。「地域の切実な課題」が眼の前で生まれてしまったわけである。幸いにして受講生やスタッフへの人的被害はなく、2011年度のSSDは再起動できた。しかし、この震災についてすぐに総括はできない。そこで特別講座「復興へのリデザイン」という形の連続講座により、まずはレクチャー聴講とディスカッションの場を提供する。そしてアジャイル・リサーチ・プロジェクト(ARP)という迅速性を武器としたリサーチを行う。こうしたSSD2011年度春学期の概要について、研究員の阿部篤さんにお話を伺いました。(編集部) 

註 ラジオ内、7回目のワークショップ「仮設都市を建設する」は森田俊作先生に加え、東北大学の中野和典先生にもご講演頂くことになりました。


・出演者プロフィール
阿部篤(あべ・あつし)
せんだいスクール・オブ・デザイン研究員。科学技術振興研究員。東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻 博士後期課程単位取得退学、修士(工学)。

遠藤和紀(えんどうかずき)
せんだいスクール・オブ・デザイン社会人受講生。グラフィックデザイナー。福島大学卒業。白鳥ASSOCIATES一級建築士事務所、藤崎快適生活研究所を経て独立。福島学院大学非常勤講師。

松田達(まつだ・たつ)
建築系ラジオコアメンバー
収録日時:2011年2月4日
収録場所:東北大学
収録時間:17分39秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:8.5MB
PLAY 出演者:堀口徹+SSD2010年度秋学期国際軸受講生

このスタジオは、地域の問題をグローバルな視点から捉えるとともに、文化的・思想的背景の異なる他者との協働の中でプロジェクトワークとして進めることができる人材育成を目指している。東北大学大学院都市・建築学専攻が、モンペリエ(仏)、メルボルン(豪)の建築系大学と共同で、毎年、世界各地の異なる地域を取り上げ、現地に渡航して多国籍なプロジェクトチームで取り組む「国際建築ワークショップ/WAW」と連携して行う。2010年度は、メルボルン近郊の潅漑地域ミルドゥーラを対象地として取り上げる。(堀口徹)

・出演者プロフィール
堀口徹(ほりぐち・とおる)
PBLスタジオ:国際軸 担当 東北大学大学院工学研究科 都市・建築学専攻 助教 東北大学大学院工学研究科 博士後期課程修了、博士(工学)建築デザイン理論、既存資源を活用した地域再生
収録日時:2011年2月4日
収録場所:東北大学
収録時間:17分12秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:7.9MB
PLAY 出演者:本江正茂+SSD2010年度秋学期コミュニケーション軸受講生

このスタジオでは、建造環境のデザインと情報環境のデザイン、そして社会環境のデザインを統合されたひとつの「アーキテクチャーの問題」として扱い、それらの諸環境を架橋するハイブリッドなデザインを構想する。それは、人間のコミュニケーション能力を拡張し、人間-環境系における様々な情報のやり取りをなめらかにするようなシステムのデザインとして実装されることになるだろう。具体的には、映像情報と建造環境の関係のプログラミングを通じて、人々の間に新たな振舞いやインタラクションをもたらす仕組みのありかたを考えたい。 (本江正茂)

・出演者プロフィール
本江正茂(もとえ・まさしげ)
PBLスタジオ:コミュニケーション軸、国際軸担当。東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻准教授。1993 年東京大学大学院工学系研究科博士課程退学、博士(環境学)。建築・IT コミュニケーションデザイン。http://www.motoelab.com/

収録日時:2011年2月4日
収録場所:東北大学
収録時間:19分8秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:9.0MB PLAY 出演者:小野田泰明+SSD2010年度秋学期社会軸受講生

世界の都市人口は、1950年には30%に過ぎなかったが、21世紀初頭には50%を超え、その半ばには約75%になると予測されている。このような状況下では、もはや100万都市は珍しいものではなく、様々な戦略を駆使しなければ、世界の富はその上を通り過ぎ、その持続的再生すらおぼつかない状況となって来た。一方で、国内の状況を見ても、人口減少、超高齢化に真っ先に突入する東北地方において、その拠点都市である仙台が首都圏に対し高い自律性を維持し、国際都市として独自の発展を目指すのは、エリア全体の活性化からも必須と言える。このように競争がグローバルに展開する中で、都市が自律する施策のひとつとして注目されているのが、国際的な交流人口を増やす方策であり、観光と並んでその吸引力となるのが、コンベンションビジネスとされている。本スタジオではコンベンション・シティとして成功している世界の都市を題材として、そこにおける核施設(コンベンション・センター)のあり様、既存都市資源との関係、そしてそれらを成立させているビジネスモデルの検証などを行う。最終的には、それらを通して、仙台の現状の都市資源を勘案すると、どのようなコンベンション施策が考えられるかを、実践的にシミュレーションする。21世紀の仙台の活性化、既存資源の保存、また国際都市としての発展のために、何が必要なのか、参加者独自のアプローチが期待される。(小野田泰明)

・出演者プロフィール
小野田泰明(おのだ・やすあき)
1963年金沢市生まれ。1986年東北大学工学部・建築学科卒業。東北大学大学院工学研究科教授。建築計画者。

収録日時:2011年2月4日
収録場所:東北大学
収録時間:14分16秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:6.5MB
PLAY 出演者:石田壽一+SSD2010年度秋学期環境軸受講生

今日、地球温暖化、低炭素社会、生物多様性といった「環境」に関わるキーワードを抜きに生活空間のデザインを考えることは、もはや困難な時代になりつつある。高度成長期の人間環境がコンクリートやアスファルトでできたグレイ・インフラに支えられた時代であったとすれば、次世代は生態系バランスや環境免疫力を巧みに活用するグリーンインフラの時代なのかもしれない。本PBLでは、環境軸プロジェクトとして、干潟、湖沼、水路、河川、水田、里山などの有機的親水環境を[Green-infra]、水域隣接環境に関わる人工的な生活空間を[Blue-supra]と便宜的に捉え、それぞれのフィールドの持つ環境特性を活かした<青と緑>の双方向的な生活空間のデザインを関連領域の新技術を取り込みながら考え、既往の建築と住空間概念の位相に対する次世代型のオルタナティブ・ドメインとデザイン手法を模索する。(石田壽一)

・出演者プロフィール
石田壽一(いしだ・としかず)
東北大学大学院工学研究科 都市・建築学専攻 教授。1995年 東京大学工学系研究科建築学専攻 博士課程単位取得満期退学、博士(工学)


収録日時:2011年2月4日
収録場所:東北大学
収録時間:16分03秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:7.4MB
PLAY 出演者:五十嵐太郎+SSD2010年度秋学期メディア軸受講生

このスタジオでは、現在におけるメディアの状況を考察しつつ、実践としては最終的に雑誌をつくることを目標に掲げる。紙のメディアからネットの情報へ。ゼロ年代に入り、既存の雑誌が次々と消え、ほとんど空気のような存在だと思っていた当たり前の文化的なインフラストラクチャーが喪失した。一方で数多くの同人誌やミニコミが出現し、世代交代も起きている。そうした変動の時代に仙台から発信する文化批評誌を考えたい。おそらく、それは仙台のフィールドワークをもとにしたコンテンツと、地域に限定されない批評的なコンテンツをあわせもつだろう。(五十嵐太郎)

・出演者プロフィール
五十嵐太郎(いがらし・たろう)
東北大学大学院工学研究科 都市・建築学専攻 教授。東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了、博士(工学)

収録日時:2010年11月24日
収録場所:阿部仁史アトリエ
収録時間:24分33秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:11.5MB
PLAY 出演者:鈴野浩一+禿真哉+堀口徹+五十嵐太郎

せんだいスクール・オブ・デザインの第1回SSDハウスレクチャー後の質疑応答後半の模様をお送りします。引き続きトラフ建築設計事務所の鈴野浩一さんと禿真哉さんに、SSD受講者から沢山の質問が寄せられたようです。冒頭では「空気の器」ネーミングについての質問から、製作・展示までの背景、新たなマテリアルとの出会いなど製作プロセスが語られます。また、後半部分ではわくわくするようなアイデアを生み出すトラフ的思考のエッセンスを垣間見ることができます。(平山善雄)


・出演者プロフィール
鈴野浩一(すずの・こういち)
1973年神奈川県生まれ。 1996年東京理科大学工学部建築学科卒業、 1998年横浜国立大学大学院工学部建築学専攻修士課程修了。 1998~2001年シーラカンスK&Hに勤務後、 2001~2002年NMBW Architecture Studio(メルボルン)協働、 2002~2003年Kerstin Thompson Architects(メルボルン)勤務。 2004年2月より株式会社トラフ建築設計事務所共同主宰。 2005~2008年東京理科大学非常勤講師、 2008年より昭和女子大学非常勤講師、 2010年より共立女子大学非常勤講師 2010年より武蔵野美術大学非常勤講師

禿真哉(かむろ・しんや)
1974年島根県生まれ。 1997年明治大学理工学部建築学科卒業、 1999年同大学大学院修士課程修了。 2000~2003年青木淳建築計画事務所勤務、 2004年2月より株式会社トラフ建築設計事務所共同主宰。 2008年より昭和女子大学非常勤講師。
収録日時:2010年11月24日
収録場所:阿部仁史アトリエ
収録時間:27分03秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12.3MB
PLAY 出演者:鈴野浩一+禿真哉+堀口徹+五十嵐太郎

せんだいスクール・オブ・デザインの第1回SSDハウスレクチャー後の質疑応答についての模様をお送りします。今回の講師であるトラフ建築設計事務所の鈴野浩一さんと禿真哉さんに、SSD受講者から沢山の質問が寄せられたようです。前半は、方向性や判断の違い・役割分担についての共同主宰における問題、70年代の建築家として世代間のつながりについて、建築に限らず様々なジャンルを横断して活動することについてなどを、学生の頃の活動や施主に提案の方法等を交えて答えて頂きました。(上條美里)


・出演者プロフィール
鈴野浩一(すずの・こういち)
1973年神奈川県生まれ。 1996年東京理科大学工学部建築学科卒業、 1998年横浜国立大学大学院工学部建築学専攻修士課程修了。 1998~2001年シーラカンスK&Hに勤務後、 2001~2002年NMBW Architecture Studio(メルボルン)協働、 2002~2003年Kerstin Thompson Architects(メルボルン)勤務。 2004年2月より株式会社トラフ建築設計事務所共同主宰。 2005~2008年東京理科大学非常勤講師、 2008年より昭和女子大学非常勤講師、 2010年より共立女子大学非常勤講師 2010年より武蔵野美術大学非常勤講師

禿真哉(かむろ・しんや)
1974年島根県生まれ。 1997年明治大学理工学部建築学科卒業、 1999年同大学大学院修士課程修了。 2000~2003年青木淳建築計画事務所勤務、 2004年2月より株式会社トラフ建築設計事務所共同主宰。 2008年より昭和女子大学非常勤講師。
収録日時:2010年11月24日
収録場所:阿部仁史アトリエ
収録時間:27分21秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12.8MB
PLAY 出演者:鈴野浩一+禿真哉+本江正茂+堀口徹

第1回SSDハウスレクチャー(レクチャー編後半その2)の模様です。レクチャー後半その2では、下記の作品が紹介されます。レクチャーの終盤では、デザインのヒントとなったものや、おもしろいと感じたものについての写真やイメージの紹介があり、トラフ建築設計事務所のデザインプロセスを垣間みることができます。(正木哲)

00:00:00〜ブーリアン(東京大学医学部教育研究棟 鉄門カフェ)
00:06:50〜NIKE 1LOVE
00:14:30〜WORLD CUP 2006
00:18:38〜CMYK、その他

・出演者プロフィール
鈴野浩一(すずの・こういち)
1973年神奈川県生まれ。 1996年東京理科大学工学部建築学科卒業、 1998年横浜国立大学大学院工学部建築学専攻修士課程修了。 1998~2001年シーラカンスK&Hに勤務後、 2001~2002年NMBW Architecture Studio(メルボルン)協働、 2002~2003年Kerstin Thompson Architects(メルボルン)勤務。 2004年2月より株式会社トラフ建築設計事務所共同主宰。 2005~2008年東京理科大学非常勤講師、 2008年より昭和女子大学非常勤講師、 2010年より共立女子大学非常勤講師 2010年より武蔵野美術大学非常勤講師

禿真哉(かむろ・しんや)
1974年島根県生まれ。 1997年明治大学理工学部建築学科卒業、 1999年同大学大学院修士課程修了。 2000~2003年青木淳建築計画事務所勤務、 2004年2月より株式会社トラフ建築設計事務所共同主宰。 2008年より昭和女子大学非常勤講師。
収録日時:2010年11月24日
収録場所:阿部仁史アトリエ
収録時間:23分02秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:10.5MB
PLAY 出演者:鈴野浩一+禿真哉+本江正茂+堀口徹

前半に引き続き、第1回SSDハウスレクチャーの模様を配信します。レクチャーの後半はトラフ建築設計事務所の建築作品の紹介から始まります。住宅から舞台美術、ショップインテリアや展示会会場構成など幅広く紹介して頂きます。レクチャー後半の模様は2回に分けてお送りします。レクチャー後半その1では、下記の作品が紹介されます。(正木哲)

00:00:00〜港北の住宅
00:09:50〜チェルフィッシュ「フリータイム」
00:16:20〜川崎市民ミュージアム「横山祐一」展

・出演者プロフィール
鈴野浩一(すずの・こういち)
1973年神奈川県生まれ。 1996年東京理科大学工学部建築学科卒業、 1998年横浜国立大学大学院工学部建築学専攻修士課程修了。 1998~2001年シーラカンスK&Hに勤務後、 2001~2002年NMBW Architecture Studio(メルボルン)協働、 2002~2003年Kerstin Thompson Architects(メルボルン)勤務。 2004年2月より株式会社トラフ建築設計事務所共同主宰。 2005~2008年東京理科大学非常勤講師、 2008年より昭和女子大学非常勤講師、 2010年より共立女子大学非常勤講師 2010年より武蔵野美術大学非常勤講師

禿真哉(かむろ・しんや)
1974年島根県生まれ。 1997年明治大学理工学部建築学科卒業、 1999年同大学大学院修士課程修了。 2000~2003年青木淳建築計画事務所勤務、 2004年2月より株式会社トラフ建築設計事務所共同主宰。 2008年より昭和女子大学非常勤講師。
収録日時:2010年11月24日
収録場所:阿部仁史アトリエ
収録時間:30分23秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:14.2MB
PLAY 出演者:鈴野浩一+禿真哉+本江正茂+堀口徹

せんだいスクール・オブ・デザインの第1回SSDハウスレクチャーの模様をお送りします。第1回の講師はトラフ建築設計事務所の鈴野浩一さんと禿真哉さんです。レクチャー編前半では、3つのプロダクト作品「空気の器」「デッキ」「キッチンの積み木」の解説が行われます。番組の冒頭ではレクチャーの会場である阿部仁史アトリエの解説も行われます。(正木哲)

・出演者プロフィール
鈴野浩一(すずの・こういち)
1973年神奈川県生まれ。 1996年東京理科大学工学部建築学科卒業、 1998年横浜国立大学大学院工学部建築学専攻修士課程修了。 1998~2001年シーラカンスK&Hに勤務後、 2001~2002年NMBW Architecture Studio(メルボルン)協働、 2002~2003年Kerstin Thompson Architects(メルボルン)勤務。 2004年2月より株式会社トラフ建築設計事務所共同主宰。 2005~2008年東京理科大学非常勤講師、 2008年より昭和女子大学非常勤講師、 2010年より共立女子大学非常勤講師 2010年より武蔵野美術大学非常勤講師

禿真哉(かむろ・しんや)
1974年島根県生まれ。 1997年明治大学理工学部建築学科卒業、 1999年同大学大学院修士課程修了。 2000~2003年青木淳建築計画事務所勤務、 2004年2月より株式会社トラフ建築設計事務所共同主宰。 2008年より昭和女子大学非常勤講師。
収録日時:2010年11月3日
収録場所:せんだいメディアテーク
収録時間:14分11秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:6.8 MB
PLAY 出演者:小野田泰明+松田達

開講式直後に収録された東北大学・小野田泰明先生へのインタビュー。SSDにおける活動の3つの軸。そのひとつであるPBLスタジオについて、小野田先生が講義をされる社会軸スタジオの話を中心に伺いました。「デザインの状況をデザインする」プレデザインの手法。都市資源を活かしたコンベンション機能とは。仙台という都市をプラットホームに地域社会とデザインをつなぐ実践的な取り組みを通し、貴重な課題が投げかけられています。(松岡成美)

・出演者プロフィール
小野田泰明(おのだ・やすあき)
1963年金沢市生まれ。1986年東北大学工学部・建築学科卒業。東北大学大学院工学研究科教授。建築計画者。
 
収録日時:2010年11月3日
収録場所:せんだいメディアテーク
収録時間:16分56秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:7.8MB
PLAY 出演者:石田壽一+松田達

今回はせんだいスクール・オブ・デザイン(SSD)開講式直前に東北大学の石田壽一先生をお招きしました。SSDにおける自身のスタジオの名前から話を展開して、中国、オランダにおける環境問題への対応を例に挙げながら「グリーンインフラ」と「ブルースープラ」の意味を説明していただき、授業内容を詳しくお話しいただきました。(伊東一馬)

・出演者プロフィール
石田壽一(いしだ・としかず)
東北大学大学院工学研究科 都市・建築学専攻 教授。1995年 東京大学工学系研究科建築学専攻 博士課程単位取得満期退学、博士(工学)
 
収録日時:2010年10月3日
収録場所:せんだいメディアテーク1Fカフェ
収録時間:15分34秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:7.1MB
PLAY 出演者:加藤敦史+平野晴香+遠藤貴弘+乙坂譜美+村越怜+山日康平+加賀敏征+伊藤寿幸+唐鎌裕貴+松田達

開講式が終わったばかりの祝祭ムードが覚め遣らぬ懇親会にて収録した今回のインタビュー。54名の受講生の中から8名の学生に、せんだいスクール・オブ・デザイン(SSD)へ寄せる期待を大いに語っていただいた。東北大学の教授陣からなるPBLスタジオの中から国際軸/メディア軸/コミュニケーション軸、今期は石上純也氏と平田晃久氏によって構成されたFUTUREラボ、それぞれへと所属した学生たちの受講のねらいと大学の授業との両立についてどのようい考えているのか。領域横断する実験的な場となるSSDの記念すべき第一期生たちへ迫る。(平野晴香)

・関連項目
せんだいスクール・オブ・デザイン
収録日時:2010年11月3日
収録場所:せんだいメディアテーク
収録時間:26分53秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12.3MB
PLAY 出演者:平田晃久+松田達

せんだいスクール・オブ・デザインの開講式の日、これからFUTUREラボ2「建築とはからまりしろをつくることである」というスタジオを担当されることになる平田晃久さんに、その内容についてお伺いしました。「からまりしろ」という概念のもつ意味は? そしてその可能性は? SSDのラボとの内容の関連性も含めて、多様な視点からお話いただきました。平田さんの建築的思考の重層性をじっくり聴くことができる、貴重な内容となっています。(編集部)

・出演者プロフィール
平田晃久(ひらた・あきひさ)
1971年大阪府生まれ。1994年京都大学工学部建築学科卒業、1997年京都大学大学院工学研究科修了。1997年より伊東豊雄建築設計事務所、2005年に平田晃久建築設計事務所設立。2010年4月現在、日本大学、東京理科大学、京都造形芸術大学、東北大学、京都大学非常勤講師を勤める。

・関連項目
せんだいスクール・オブ・デザイン
収録日時:2010年9月22日
収録場所:新宿御苑近辺某所
収録時間:17分12秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:8.3MB
PLAY 出演者:本江正茂+五十嵐太郎+松田達+天内大樹+柴田直美

2010年11月1日に開講される「せんだいスクール・オブ・デザイン」についての質問を、専任教員である本江正茂氏にお答えいただきました。他大学院と比較してのせんだいスクール・オブ・デザインの特色とは? また、スタジオの掛け持ちの限度、社会人や院生の受講の負荷やレクチャーのペースなど、前配信回よりさらに具体的に語られており、FAQが解決できる回となっています。注目のせんだいスクール・オブ・デザインのエントリーは10月12日までと締め切り間近です。どうぞお見逃しなく。

■せんだいスクール・オブ・デザイン

http://sendaischoolofdesign.jp/
願書受付期間は、2010年9月24日~10月12日(必着)となります。

・出演者プロフィール
本江正茂(もとえ・まさしげ)
PBLスタジオ:コミュニケーション軸、国際軸担当。東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻准教授。1993 年東京大学大学院工学系研究科博士課程退学、博士(環境学)。建築・IT コミュニケーションデザイン。http://www.motoelab.com/

五十嵐太郎(いがらし・たろう)
PBLスタジオ:メディア軸担当。東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻教授 2000 年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、博士(工学)。建築デザイン理論。http://www.archi.tohoku.ac.jp/labs-pages/design/at/

柴田直美(しばた・なおみ)
SSD広報・編集担当。1999年 武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。現在、フリーランスの編集者、デザイナーとして活動。

天内大樹(あまない・だいき)
建築系ラジオパートナー。
収録日時:2010年9月22日
収録場所:新宿御苑近辺某所
収録時間:15分17秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:7.2MB
PLAY 出演者:本江正茂+五十嵐太郎+松田達

2010年11月1日、せんだいスクール・オブ・デザインが開講されます。今回は専任教員である本江正茂氏と、専任教員で建築ラジオコアメンバーである五十嵐太郎氏に、その概要についてお話を聞きました。せんだいスクール・オブ・デザインは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)のプログラム「地域再生人材創出拠点の形成」の一環として開講されます。その目的は、地域の活性化を図りうる人材として、コラボレイティブなクリエイターを養成することであり、地域の社会人クリエイターと建築デザイン系大学院生がプロジェクトに共同で参画し、実践的なプロジェクト駆動型デザイン教育が実施されます。また石上純也氏、平田晃久氏をはじめとする多彩なクリエイターが講師に迎えられます。そして、なんと受講料は無料。建築関係者ならずとも注目のせんだいスクール・オブ・デザインのエントリーは10月12日までと締め切り間近です。どうぞお見逃し無く。

■せんだいスクール・オブ・デザイン

http://sendaischoolofdesign.jp/
願書受付期間は、2010年9月24日〜10月12日(必着)となります。

・出演者プロフィール
本江正茂(もとえ・まさしげ)
PBLスタジオ:コミュニケーション軸、国際軸担当。東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻准教授。1993年東京大学大学院工学系研究科博士課程退学、博士(環境学)。建築・ITコミュニケーションデザイン。
http://www.motoelab.com/

五十嵐太郎(いがらし・たろう)
PBLスタジオ:メディア軸担当。東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻教授 2000年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、博士(工学)。建築デザイン理論。

特集

インフォメーション

[カレンダー公開]
建築系ラジオ公開カレンダー

[記事リスト]
ポータルサイト記事一覧

[イベント]
[ツアー]
[合宿]

タグクラウド

建築系ラジオTweets