UIA2011東京大会「mosaki(けんちく体操)インタビュー前半」(24時間建築系ラジオ) - 建築系ラジオ
収録日時:2011年9月24日
収録場所:南洋堂書店
収録時間:23分20秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:10.9MB PLAY 出演者:田中元子+大西正紀+松田達

今回はけんちく体操で知られるも「mosaki(モサキ)」のお二人にインタビューしました。注目を集める「けんちく体操」とは何かじっくり語っていただきました。その発想やこだわりのポイントも詳しくお聞き致しました。建築によっての違いをどのように表現しているのでしょうか。UIA東京でも「けんちく体操」のワークショップが開催されます。建築と身体という根源的な話にもご注目ください。(近藤洋輔)

・出演者プロフィール
mosaki(モサキ)
mosaki(モサキ)は田中元子(ライター・クリエイティブファシリテーター)と大西正紀(編集者・建築家)から成る建築系デザイン&編集ユニット。1999年、青山アパートの再生プロジェクト『DO+ project』をきっかけに出会った2人は、中村政人氏(美術家)のプロジェクト『湯島もみじ』『永芳リライブ』や後藤繁雄氏(編集者・クリエイティブディレクター)によるワークショップ『スーパースクール』などに参加。約1年間のロンドン生活をきっかけに、帰国後の2004年 "mosaki"を設立する。 日常生活から都市まで、私たちのまわりに広がる世界、その中で物事を再発見、再編集し、見えないモノに新しい価値を与えられるようなモノづくりを、私たちは興していきたいと考えています。生活にあふれるプロダクトから、ウェブサイト、紙媒体等のメディア、シンポジウム、ワークショップ等のイベント、アートから建築までジャンルを超えた各種プロジェクトの企画・制作・運営を行います。

田中元子(たなか・もとこ)
ライター/クリエイティブファシリテーター。1975年、茨城県生まれ。建築デザインをとりまく、作り手使い手それぞれのコミュニティ盛り上げ役。雑貨メーカー勤務後、建築系ギャラリーや日建設計、建築学会(全てアルバイト)を経て2004年、mosaki共同設立。執筆及びディレクションを中心に活動。2007-2008年、co-labクリエイティブファシリテーター。2009年- 日本建築学会文化事業委員。2010年、「けんちく体操ウーマン1号」襲名。主な連載に『mosakiのイベント巡礼』(2005-2008|日経アーキテクチュア)、『妻・娘から見た建築家の実験住宅』(2009-|ミセス・文化出版局)

大西正紀(おおにし・まさき)
編集者/建築家。1977年、大阪府生まれ。2001年、日本大学理工学部建築学科卒業。2003年、日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了(高宮研究室所属)、修士設計"駿建賞"受賞。2003-2004年、Ushida Findlay Architects (UK)勤務後、2004年、mosaki共同設立。mosakiでは編集及びデザインを担当する。2004-2007年、日本大学理工学部建築学科助手。2007年- 日本大学理工学部建築学科NUフォーラム委員。2007-2009年 日本建築学会編集委員会委員。2010年、「けんちく体操マン2号」襲名。2011年- 日本建築学会建築教育委員会委員(市民啓蒙ワーキンググループ)。

松田達(まつだ・たつ)
建築系ラジオコアメンバー

・関連項目
UIA2011東京大会 第24回世界建築会議
(2011年9月25日公開)

連載紹介

On UIA2011 congress / UIA2011東京大会についてのコーナー。
UIA2011東京大会

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets