建築系フォーラム2010「海外経験は地方活動とどう関係しているのか?」[前半] - 建築系ラジオ
収録日時:2010年2月11日
収録場所:広島国際大学
収録時間:26分27秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12.4MB PLAY 出演者:土井一秀+松岡聡+北川啓介+松田達

建築系フォーラムの第二部ディスカッション「海外経験は地方活動とどう関係しているのか?」です。国際的に有名な海外の事務所で勤務した経験が、四者それぞれの活動スタンスにどのような影響を与えているのか。当時の状況をもとに、論点は経験談を飛び越え、フランク・ゲーリーに代表されるアイコン建築とその都市の関係、設計している都市とプロジェクトのある都市、グローバルとローカルの対立的ではない関係などへと広がっていきます。(Y.H)

・出演者プロフィール
土井一秀(どい・かずひで)
1972年広島生まれ。1997年広島大学大学院工学研究科環境工学専攻修了。2001年まで小川晋一都市建築設計事務所勤務。2001年Reiach and Hall Architects(英国)、2002年Diener & Diener Architekten(スイス)、2002-2003文化庁芸術家在外研修員としてforeign office architects(英国)。2004年より土井一秀建築設計事務所主宰。近畿大学工学部非常勤講師。

松岡聡(まつおか・さとし)

1973年愛知県生まれ。2000年東京大学大学院修士修了。2001年コロンビア大学大学院修士修了、デルフト工科大学研究員。2001年-2005年までUN Studio, MVRDV, SANNA勤務。2005年松岡聡田村裕希設立。2007年から京都造形大学専任講師。

(2010年5月12日公開)

連載紹介

建築にまつわる、様々なテーマに関する討議です。コアメンバーが集まる全体討議とは別に、個々のメンバーで収録した討議を集めたコーナーです。
テーマ討議

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築士一発合格なら 総合資格学院

建築系ラジオTweets