3.11以後の建築展/金沢都市再編計画2014について - 建築系ラジオ
収録日時:2014年11月1日
収録場所:金沢21世紀美術館横の芝生
収録時間:29分22秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:13.8MB PLAY 出演者:小津誠一+宮下智裕+松田達

今回の収録では金沢21世紀美術館で開催中の「3.11以後の建築展」にて、「金沢都市再編計画2014」の提案を行った小津誠一氏、宮下智裕氏、松田達氏に、展示内容の概要や学生により制作された金沢のまちの模型の裏話などをお話いただきました。「3.11以後の建築展」は2015年5月10日まで、同日にスタートした「ジャパン・アーキテクツ 1945-2010」は2015年3月15日まで金沢21世紀美術館にて開催しています。ぜひ展示会にも足を運んでみてください。(野島稔喜)

・出演者プロフィール
小津誠一(こづ・せいいち)
有限会社E.N.N.(エン)代表。1966年 石川県金沢市生まれ。1990年 武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。1998年 東京の設計事務所、代理店勤務などを経て、京都にて独立。京都精華大学で教鞭を執りながら、京都と東京を拠点に建築設計を行う。2002年 活動拠点を東京へ移転。設計事務所として住宅設計やオフィス、店舗設計などを行う。2003年 金沢でNPO任意団体を結成し、東京、金沢の二拠点活動を開始。同年末、金沢にてE.N.N.を設立し、廃墟ビルの再生と同時に飲食店a.k.a.を開業。2007年 金沢R不動産をスタート。2012年 東京の設計チームを金沢に移転し、27年ぶりの金沢市民となる。2014年 全国のR不動産メンバーとともに、移住ウェブマガジン「real local」をスタート。E.N.N.では建築設計チーム「studio KOZ.」、不動産チーム「金沢R不動産」、移住ウェブマガジンチーム「real local」などを率いる。嗜季では主計町の飲食店「嗜季」などを運営。

宮下智裕(みやした・ともひろ)
金沢工業大学准教授。1968年静岡県生まれ。1991年 芝浦工業大学建築学科卒業。1993年 芝浦工業大学大学院工学研究科修士課程(建設工学専攻)修了。1997年 南カリフォルニア建築大学(SCI-Arc)大学院修士課程修了。1999年 芝浦工業大学大学院博士課程工学研究科修了。2002年 金沢工業大学環境・建築学部建築学科講師。2007年 金沢工業大学環境・建築学部建築学科准教授 現職。受賞歴:2009年 金沢市都市美文化賞 アルミハウスプロジェクト/Low Carbon Life‐design Award。2009 「環境大臣賞」 ATATA=KAYA/北米照明学会 IES ILLUMINATION AWARD 2010。2010年 (社)アルミニウム協会賞「開発賞」アルミハウスプロジェクト。2011年 日本建築家協会環境建築賞 [A-ring]/第11回JIA環境建築賞 入賞 [A-ring]/第4回サスティナブル住宅賞 優秀賞 [A-ring] 他

松田達(まつだ・たつ)
1975年生まれ。建築家。東京大学助教。建築系ラジオコアメンバー。 

・関連項目
ジャパン・アーキテクツ「3.11以後の建築」展
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1721
(2014年11月20日公開)

連載紹介

建築にまつわる、様々なテーマに関する討議です。コアメンバーが集まる全体討議とは別に、個々のメンバーで収録した討議を集めたコーナーです。
テーマ討議

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築士一発合格なら 総合資格学院

建築系ラジオTweets