南研究室建築デザインレビュー - 建築系ラジオ

南研究室建築デザインレビュー
20世紀建築120選 -その41-

収録日時:2014年2月5日
収録場所:国士舘大学南研究室
収録時間:36分31秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:34.2MB
PLAY 出演者:大平悟+相馬亜美+南泰裕

レビュー作品:大分県立図書館《磯崎新(1966)》
南研デザインレビュー、20世紀建築120選の第41回目です。今回レビューする作品は、磯崎新が設計した大分県立図書館です。大きな梁のような四角いシリンダーが突き出ている外観が目を引く建築です。現在はアートプラザとして機能を変え、市民のための文化情報の交流の場として利用されています。「プロセス・プランニング論」の設計思想を元に設計され、今後県の人口や蔵書の増加に対応し、既存の建物のデザインを破壊することなく増築を可能にしています。(内山雄介)

・出演者プロフィール
大平悟(おおひら・さとる)
1991年生まれ。国士舘大学南研究室4年。
趣味...サッカー観戦。

相馬亜美(そうま・あみ)
1990年生まれ。国士舘大学大学院南研究室修士1年。
趣味...読書。

南泰裕(みなみ・やすひろ)
建築系ラジオコアメンバー。

(2014年3月10日公開)

連載紹介

建築系ラジオがいま最も注目しているテーマについて、討議を行います。ゲスト数人を交え、主要なメンバーが集まっての熱い討議です。過去の収録回も是非お聞き下さい。 いくつかの建築雑誌から、毎回、特筆すべき建築作品をひとつずつ取り上げてレビューし、南研究室の学生たちとともにディスカッションする。作り手の視点から、「建築の現在」を創造的に読み解き、建築デザインの奥深い世界に、できる限り肉薄する。
全体討議

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築士を目指すなら 日建学院

建築系ラジオTweets