Interview with Robert P. Thum (Programme leader at University of East London) - 建築系ラジオ
Date: 21th November, 2011
Location: University of East London School, London
Length of time: 24'30"
File format: MP3
File size: 17.6MB PLAY 出演者:Robert P. Thum + Kazuko Sakamoto

This interview features Robert Thum, who is a director of Diploma Programme and also Unit 9 master at University of East London. UEL has very a very spacious studio and great workshops of wood, steel, casting etc. According to Robert, the school encourages students to work with hands and experiment with 1:1 scale model and materials. And he also talked about 'Unit' system, which is characteristic of London architectural schools. His Unit 9 has been exploring the relationship between 'politics and architecture', reflecting various social and political problems in current London. Robert urges young architects to think about 'social sustainability' and how architects can play an active role in sustaining our democratic society. Interviewer Kazuko Sakamoto is a coordinator of exhibition called Japanese Junction, featuring works by Japanese students who are studying in leading architectural schools all over the world. This interview is going to be published in the official exhibition booklet. (Kazuko Sakamoto)

*

イースト・ロンドン大学の大学院課程のディレクターであるロバート・トゥム氏に、インタビューを行った。同校の教育方針、そしてロンドンの建築学校に共通するユニット制のデザインスタジオについて、トゥム氏のUnit9のテーマや今年の活動内容、建築教育の将来についてなど、多岐にわたりお話いただいた。UELでは、学生達は広いスタジオスペースのあちこちに並ぶ1:1の大きな実験的な模型や、木工や金属加工、鋳造など完備されたワークショップで、様々な材料を用いて新しい構法やデザインの試作をするなど、手や体をフルに使って創り学ぶという。その意味について、丁寧に語っていただいた。Unit9のイタリアでのフィールドトリップの話では、海外のサイトのリサーチをどのようにデザインスタジオに展開させていくかという点が興味深かった。トゥム氏とUnit9の学生達は、様々な社会的・政治的な問題を抱える一方で、オリンピックという一大イベントを迎える激動のロンドンの現況において、「ポリティクスと建築」の関わりについて探求している。建築教育の将来については、自然エネルギーや環境保全といった観点からのサステナビリティだけでなく、民主的な社会の持続についてどのように建築が関わっていけるかということに関心を持っていると語っていただいた。(坂本和子)

- Profile
Robert P. Thum
Dipl. -Ing MSc. Programme Leader - Professional Diploma in Architecture - Senior Lecturer - Studio Tutor dip 9

ROBERT P. THUM studied architecture at Technical University of Vienna, University of Stuttgart, Arizona State University and University of East London. He worked for Ian Ritchie Architect from 1994-2000. He taught at the University College London Bartlett School of Architecture, and was Visiting Lecturer at Institute of Building Studies, Technical University Vienna. He is currently the Diploma Programme Leader at the School of Architecture and Visual Arts, University of East London.

坂本和子(さかもと・かずこ)
武蔵野美術大学造形学部建築学科、コロンビア大学建築学部修士課程修了。(株)磯崎新アトリエ、(株)プラネットワークスに勤務の後、2002年より個人の設計活動を開始。2008年よりE.N.N.一級建築士事務所に所属。2005年より武蔵野美術大学および京都造形芸術大学非常勤講師。

関連リンク
Japanese Junction 日本人建築留学生作品展
(2011年12月26日公開)

連載紹介

建築にまつわる、様々なテーマに関する討議です。コアメンバーが集まる全体討議とは別に、個々のメンバーで収録した討議を集めたコーナーです。
テーマ討議

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築士一発合格なら 総合資格学院

建築系ラジオTweets