Japanese Junction 2011展関連インタビュー(ロンドンの学生) - 建築系ラジオ

Japanese Junction 2011展関連インタビュー(ロンドンの学生)
イースト・ロンドン大学在学生・卒業生インタビュー

収録日時:2011年11月21日
収録場所:イースト・ロンドン大学
収録時間:55分10秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:39.7MB PLAY 出演者:留目知明+水島直洋+緒方智規+坂本和子

イースト・ロンドン大学で建築を学ぶ日本人学生の緒方さんと、卒業生の水島さん、留目さんによるディスカッションである。留学を目指したきっかけは皆それぞれ違うが、様々なバックグラウンドの学生に対して門戸が広い事や、実際に手を使ってたくさん制作し、先生や仲間と積極的に関わりながら学ぶという事などが、留学を決意するモチベーションになったという。イギリスの学校では、最終成果物の出来だけでなく、制作のプロセスがいかに作品と興味深く関わっているかということが評価対象になり、一年を通じて積み重ねてきたことをいかに作品に反映させるかが勝負である。ユニットマスターとのチュートリアルは、先生と生徒というよりは同志かつ戦い相手であり、毎回が勝負のつもりで学生も先生に挑んでいる。その他、プロジェクトについてや将来へのビジョン等も話は及んだ。最後にJapanese Junction展についての彼らの思いを語ってくれた。(坂本和子)

- Profile
留目知明(とどめ・ともあき)
1984年岩手県生まれ。2007年宮城大学事業構想学部デザイン情報学科卒業。2009年イーストロンドン大学修士課程(University of East London, MArch)修了。Japanese Junction展キュレーター、現在、ロンドンを拠点に活動中。

水島直洋(みずしま・なおひろ)
イーストロンドン大学Diplomaコース修了 Unit9にてRobert Thum, Jeff Turkoに師事。 伊東豊雄建築設計事務所インターン後、現在Whiteley&Whiteley (London)に在籍しつつ、フリーでMartino Gamper, Harry Thalerと協働。

緒方智規(おがた・とものり)
神奈川県生まれ。2007年 多摩美術大学環境デザイン学科卒業。2008-2010年 UCL Bartlett School (Diploma in Architecture) 在籍。2010年- University of East London (Diploma in Architecture) 在籍。

坂本和子(さかもと・かずこ)
武蔵野美術大学造形学部建築学科、コロンビア大学建築学部修士課程修了。(株)磯崎新アトリエ、(株)プラネットワークスに勤務の後、2002年より個人の設計活動を開始。2008年よりE.N.N.一級建築士事務所に所属。2005年より武蔵野美術大学および京都造形芸術大学非常勤講師。

関連リンク
Japanese Junction 日本人建築留学生作品展
(2011年12月23日公開)

連載紹介

建築にまつわる、様々なテーマに関する討議です。コアメンバーが集まる全体討議とは別に、個々のメンバーで収録した討議を集めたコーナーです。
テーマ討議

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築士一発合格なら 総合資格学院

建築系ラジオTweets