2011年5月号デザインレビュー(a+u) - 建築系ラジオ
収録日時:2011年6月1日
収録場所:国士舘大学南研究室
収録時間:18分43秒
PLAY 出演者:木下雅樹+都築和義+南泰裕

レビュー作品:屠殺場のコンヴァージョン 《アルトゥロ・フランコ・アーキテクチュア》
今回はa+u5月号「屠殺場のコンヴァージョン」です。この屠殺場は1910年代に建築家ルイス・ベリードによって建設されました。しかし現在は屠殺場は閉鎖され、地域から忘れ去られた小さな「産業都市」となっています。このコンヴァージョンによってこの小さな都市を前衛的な文化の活力源へと変貌させようとしています。今回はその一部を紹介してますが、今後どうなるかが楽しみな都市です。(都築和義)

・出演者プロフィール
木下雅樹(きのした・まさき)
1989年生まれ。国士舘大学南研究室学部4年。
趣味...バイク

都築和義(つづき・かずよし)
1987年生まれ。国士舘大学大学院南研究室修士1年。
趣味...旅行、野球観戦

・関連項目
新建築社
(2011年8月 1日公開)

連載紹介

いくつかの建築雑誌から、毎回、特筆すべき建築作品をひとつずつ取り上げてレビューし、南研究室の学生たちとともにディスカッションする。作り手の視点から、「建築の現在」を創造的に読み解き、建築デザインの奥深い世界に、できる限り肉薄する。
南研究室・建築デザインレビュー

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets