京都造形芸術大学通信教育部インタビュー 予告編 - 建築系ラジオ
出演者:花房佑衣

みなさま、大変遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
1月もあっという間に過ぎて行きましたね。本日ご紹介するものも含め、これまでインタビューものの予告編が続いたので、2011年はいろんなカテゴリのコンテンツを楽しく紹介していければと思います。また、このコーナーで建築系ラジオのコンテンツをみなさんにご紹介していくなかで、私自身、もっといろんな角度から建築を知り、建築をもっともっと好きになっていけたらいいなと思っています。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


<京都造形芸術大学通信教育学部インタビュー>予告編
松田達さんによる、京都造形芸術大学通信教育学部の教員方、そして学生のみなさんへのインタビューです。前半・後半を二日にわたって配信予定です。今回のこちらのコーナーでは、特に興味深かった学生へのインタビューの予告編をお届けしたいと思います。

■多様なバックグラウンドを持つ学生たち
一番の聴きどころは、実にさまざまなバックグラウンドを持った学生さんたちによる、建築を学ぼうと思ったきっかけや、実際に学んでみてどうだったか、というエピソードです。インタビューに参加した12名の学生さんたちは、職業も、住んでいるところも、建築を学ぶ理由もそれぞれで、とても興味深く、もっと詳しく聞いてみたいなぁと思う部分が多々ありました。また、働きながら、決して楽ではない状況で建築を学んできた学生さんたちの話を聞いて、自分が建築を学びたいと思ったきっかけは何だったのか、その時の気持ちを思い出してみたり、自分自身のモチベーションにもつながるような内容になっています。

■これから建築を学びたいと思うひとに向けて
このインタビューは、これから建築を学んでみたいと思っているひとたちにとっても、非常に参考になります。京都造形芸術大学通信教育学部という環境がどのようなものか、通信教育ならではの利点、また、大変だったことなども、具体的な体験談とともに語られています。12名ひとりひとりが、それぞれの視点でそれらのエピソードを話してくれているので、働きながら建築を学ぶこと、通信で建築を学ぶことをイメージしやすいかと思います。前半の教員の方々へのインタビューも含め、これから建築を学ぶことを検討しているひとたちにはぜひ聴いてもらいたいコンテンツです。

京都造形芸術大学がどんなところか、インタビューを聴く前にちょっと知っておきたいなと思った方は、ぜひホームページもご覧ください。
京都造形芸術大学


それでは、配信をどうぞお楽しみに!
(2011年1月28日公開)

連載紹介

建築系ラジオ予告編です。近日配信予定のコンテンツの聴きどころを、花房佑衣がひと足先にご案内します。建築系ラジオを聴くのが今までよりちょっ ぴり楽しみになるかもしれません。
花房佑衣の先読み建築系ラジオ

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets