南研究室建築デザインレビュー - 建築系ラジオ

南研究室建築デザインレビュー
20世紀建築120選 -その49-

収録日時:2014年7月16日
収録場所:国士舘大学南研究室
収録時間:44分20秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:41.6MB
PLAY 出演者:佐藤敦+内山雄介+南泰裕

国立代々木屋内総合競技場《丹下健三(1964)》
南研デザインレビュー、20世紀建築120選の第49回目です。今回レビューする作品は、丹下健三が設計した国立代々木屋内総合競技場です。この建築は丹下健三の代表作となる建築で、1964年の東京オリンピックの際に屋内競技場として使われました。その巻貝を連想させる外観、当時としては大変珍しい吊屋根構造により、丹下健三の名を世界に知らしめた作品です。また、未来建築のような外観を持ちつつも、神社を感じさせるような造形も持つ、過去と未来が融合したような建築です。(佐藤敦)

・出演者プロフィール
佐藤敦(さとう・あつし)
1992年生まれ。国士舘大学南研究室4年。
趣味...サッカー。

内山雄介(うちやま・ゆうすけ)
1990年生まれ。国士舘大学大学院南研究室修士2年。
趣味...アコースティックギター。

南泰裕(みなみ・やすひろ)
建築系ラジオコアメンバー。

(2014年8月11日公開)

連載紹介

いくつかの建築雑誌から、毎回、特筆すべき建築作品をひとつずつ取り上げてレビューし、南研究室の学生たちとともにディスカッションする。作り手の視点から、「建築の現在」を創造的に読み解き、建築デザインの奥深い世界に、できる限り肉薄する。
南研究室・建築デザインレビュー

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets