南研究室建築デザインレビュー - 建築系ラジオ

南研究室建築デザインレビュー
20世紀建築120選 -その40-

収録日時:2014年2月5日
収録場所:国士舘大学南研究室
収録時間:55分52秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:52.4MB
PLAY 出演者:森麗美+内山雄介+南泰裕

レビュー作品:出雲大社庁の舎《菊竹清訓(1963)》
南研デザインレビュー、20世紀建築120選の第40回目です。今回レビューする作品は、菊竹清訓が設計した出雲大社庁の舎です。1953年に焼失してしまった木造の庁の舎復興を目的として建てられた建築です。そのため、防火、耐震及び耐食性に優れた鉄筋コンクリート構造が採用され、プレストレスト及びプレキャストコンクリート工法など、当時の最先端の技術で施工されています。コンクリートの建物でありながら、表面に現れている木目や色味、伝統的な日本建築に見られる組み物のようなディテールが、この建築を見事に周辺の木造建築と調和させています。(内山雄介)

・出演者プロフィール
森麗美(もり・れいみ)
1991年生まれ。国士舘大学南研究室4年。
趣味...音楽鑑賞。

内山雄介(うちやま・ゆうすけ)
1990年生まれ。国士舘大学大学院南研究室修士1年。
趣味...アコースティックギター。

南泰裕(みなみ・やすひろ)
建築系ラジオコアメンバー。

(2014年2月24日公開)

連載紹介

いくつかの建築雑誌から、毎回、特筆すべき建築作品をひとつずつ取り上げてレビューし、南研究室の学生たちとともにディスカッションする。作り手の視点から、「建築の現在」を創造的に読み解き、建築デザインの奥深い世界に、できる限り肉薄する。
南研究室・建築デザインレビュー

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets