「状態としての建築──際の操作性」(『Review House Vol.2』所収)レビュー - 建築系ラジオ
収録日時:2010年01月14日
収録場所:東北大学
収録時間:20分28秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:9.4MB PLAY 出演者:チームトンチク(市川紘司+菊地尊也+加藤拓郎)+五十嵐太郎

第二回のブックレビュー(第一回は建築系ラジオr4にて配信済みです)では、南後由和さんによる「状態としての建築──際の操作性」を取り上げました。2008年に開催された「風景の解像力」展に出展した8名の建築家のうち、芸大出身の4名=乾久美子・石上純也・中山英之・中村竜治を扱った論考です。

発表のスライド

批評同人誌『Review House vol.2』に寄稿された見開き一頁の短いテキストですが、スコット・ラッシュからの参照など、社会学を専門とする著者の特徴がよくあらわれた若手建築家論となっています。心象風景をエンジンとして創作された<〜のような建築>など、4名に共通するいくつかの特徴が抽出されています。

・出演者プロフィール
市川紘司(いちかわ・こうじ)

1985年生まれ。東北大学大学院五十嵐研究室

菊地尊也(きくち・たつや)
1986年生まれ。東北大学大学院石田研究室

加藤拓郎(かとう・たくろう)
1986年生まれ。東北大学大学院五十嵐研究室

(2010年4月30日公開)

連載紹介

大学院生主宰のブックレビューのコーナー。新刊から古典まで、建築の本から建築じゃない本まで、「いまどきの建築学生」目線であれこれ話していきます。「スライド」のリンクからは、発表で使ったパワポを見ることができます。音声と同期すれば、いっそう読んだ気になれるかも。
聴けば読んだ気になる建築ブックレビュー

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets