『Any:建築と哲学をめぐるセッション 1991-2008』『ビルディングの終わり、アーキテクチュアの始まり』レビュー - 建築系ラジオ
収録日時:2009年01月29日
収録場所:東北大学
収録時間:30分42秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:14.1MB

PLAY 出演者:市川紘司+菊地尊也+加藤拓郎+五十嵐太郎

今年の始めに出版された「ANY conference」をまとめた書籍二冊、『Any:建築と哲学をめぐるセッション 1991-2008』(彰国社)及び『ビルディングの終わり、アーキテクチュアの始まり』(彰国社)を取りあげています。 日本において、少なくとも若い学生のあいだでは、もはやほとんど忘れ去られていると言ってもよいANYシリーズですが、それでは「なぜ今まとめられたのか」「いやアメリカでは理論面では脈々と引き継がれて読んでいたりするらしいよ」などということが、話し合われています。帯には書かれているものの、書中ではまったく触れられていない「クラウド・アーキテクチュア」とはいったい・・・(K. Ichikawa)

聴けば読んだ気になるブックレビュー第3回、発表時のスライド

any-red.jpg any-white.jpg

(2010年5月22日公開)

連載紹介

大学院生主宰のブックレビューのコーナー。新刊から古典まで、建築の本から建築じゃない本まで、「いまどきの建築学生」目線であれこれ話していきます。「スライド」のリンクからは、発表で使ったパワポを見ることができます。音声と同期すれば、いっそう読んだ気になれるかも。
聴けば読んだ気になる建築ブックレビュー

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets