五十嵐淳CAAKレクチャー[2/3]──近作「House M」について(後半) - 建築系ラジオ
収録日時:2010年9月10日
収録場所:CAAK(寺町の町家)、金沢
収録時間:12分47秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:6.0MB
PLAY 出演者:五十嵐淳

前半に引き続き、金沢在住の若手美術・建築関係者によって結成されたグループ「CAAK」の場にて行われた五十嵐淳氏のレクチャーです。周辺のコンテクストに恵まれなかったという「House M」。壁に窓は開けられないという条件の下、五十嵐氏は一体どのように光を取り入れたのでしょうか。また天井高8mの廊下とリビングの間にはどのような関係性があるのでしょうか。スクリーンを使わずに拡散光を取り入れるには?人と窓との距離についての考察は注目です。採光にこだわった「House M」の全貌が明らかになります。(吉田民瞳)

・出演者プロフィール
五十嵐淳(いがらし・じゅん)
1970年 北海道生まれ、1997年 五十嵐淳建築設計設立。現在、東北大学・名古屋工業大学・北海道工業大学非常勤講師。

・関連項目
CAAK(Center for Art and Architecture, Kanazawa)
五十嵐淳『ディテール別冊 五十嵐淳/状態の表示』(彰国社)
(2010年10月 2日公開)

連載紹介

様々なレクチャーとその後の質疑応答などを、建築系ラジオを通して配信いたします。
建築系ラジオレクチャー

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets