五十嵐淳CAAKレクチャー[1/3]──近作「House M」について(前半) - 建築系ラジオ
収録日時:2010年9月10日
収録場所:CAAK(寺町の町家)、金沢
収録時間:18分10秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:8.7MB
PLAY 出演者:五十嵐淳+鷲田めるろ+松田達

五十嵐淳氏が金沢在住の若手美術・建築関係者によって結成されたグループ「CAAK」の場においてレクチャーします。前半では近作「House M」のきっかけとなった二つのプロジェクト「オルドス100」と「ハウスオブエデン」について語ります。話題はこれらのプロジェクトにおけるバッファーの取り方へと移ります。二者の間にはどのような違いがあるのか、またこれらのプロジェクトでのスタディーがいかに「House M」に反映されたのかに注目です。(吉田民瞳)

・出演者プロフィール
五十嵐淳(いがらし・じゅん)
1970年 北海道生まれ、1997年 五十嵐淳建築設計設立。現在、東北大学・名古屋工業大学・北海道工業大学非常勤講師。

鷲田めるろ(わしだ・めるろ)
1973年生まれ。金沢21世紀美術館キュレーター。展覧会=「妹島和世+西沢立衛/SANAA」「人間は自由なんだから」「アトリエ・ワン:いきいきプロジェクトin金沢」「金沢アートプラットホーム2008」など。

・関連項目
CAAK(Center for Art and Architecture, Kanazawa)
(2010年10月 1日公開)

連載紹介

様々なレクチャーとその後の質疑応答などを、建築系ラジオを通して配信いたします。
建築系ラジオレクチャー

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets