布野修司さんからの審査講評インタビュー - 建築系ラジオ

布野修司さんからの審査講評インタビュー
キルコス国際建築設計コンペティション2015

収録日時:2015年12月17日
収録場所:電話収録
収録時間:25分26秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:11.93MB PLAY 出演者:布野修司

キルコス国際建築設計コンペティションでは、20組の審査員一人ひとりが、金賞・銀賞・ 銅賞・佳作を選定する国際建築設計コンペティションです。多くの作品を選定するのは、そのアイディアを見逃さないことで、建築の可能性を広げられるのではないか。そう強く信じるからです。またコンペティションが終わっても、一人ひとりの審査員が、どの作品を、どう評価したのかを見られる仕組みをつくることで、すべてのひとが建築について深く考えられます。私たちが目指すのは、多くの表現を通して建築の未来を考えられる空前絶後のアイディアコンペティションです。 後援している建築系ラジオでは、20組の審査員からの講評の収録を配信します。審査結果だけからではなく、一人ひとりの審査員の価値観がわかる、キルコス国際建築設計コンペティションならではの、見る見られるの感覚をお楽しみください。(北川啓介) 

・出演者プロフィール
布野修司(ふの・しゅうじ)
評論家 ◎1949年松江市生まれ。工学博士(東京大学)。建築計画学,地域生活空間計画学専攻。東京大学工学研究科博士課程中途退学。東京大学助手、東洋大学講師・助教授、京都大学助教授、滋賀県立大学教授、副学長・理事を経て現職。 ◎受賞『インドネシアにおける居住環境の変容とその整備手法に関する研究』にて日本建築学会賞受賞(1991年)、『近代世界システムと植民都市』(編著,2005年)にて日本都市計画学会賞論文賞受賞(2006年)、『韓国近代都市景観の形成』(共著、2010年)と『グリッド都市:スペイン植民都市の起源、形成、変容、転生』(共著、2013年)にて日本建築学会著作賞受賞(2013年、2015年)。 ◎主要著作:『カンポンの世界』『戦後建築の終焉』『住まいの夢と夢の住まい・・・アジア住居論』『廃墟とバラック・・・建築のアジア』『裸の建築家・・・タウンアーキテクト論序説』『アジア都市建築史』(編著)『近代世界システムと植民都市』(編著)『生きている住まいー東南アジア建築人類学』(共訳書)など。

小川砂織(おがわ・さおり)
キルコス国際建築設計コンペティション実行委員会

・関連項目
キルコス国際建築設計コンペティション
(2015年12月25日公開)

連載紹介


キルコス国際建築設計コンペティション

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets