建築系美術ラジオ展(横浜トリエンナーレ特別連携プログラム 新・港村) - 建築系ラジオ
収録日時:2011年8月27日
収録場所:横浜トリエンナーレ新港村・建築系ラジオブース/横浜市中区
収録時間:22分50秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:10.7MB PLAY 出演者:栃原比比奈+太田丈夫+彦坂尚嘉+天内大樹

お久しぶりの建築系美術ラジオです。東京電力の原発事故の後京都に「疎開」なさっていた彦坂さん、栃原さん、中川さんたちが横浜トリエンナーレの特別連携プログラム「新・港村」にいらして、ほんの一週間ですが展示をなさっています(2011年8月31日まで)。場所はみなとみらい線馬車道駅を降りて万国橋・新港埠頭方面へ一直線に海まで行った突端の新港ピアです。入口を入ってすぐがAゾーンですが、建築系ラジオブースはその次に展開するBゾーンの向かって左奥にあります。太田丈夫さんが語る「手裏剣アート」、栃原比比奈さんによるキャラクター絵画の展開、また栃原さんと彦坂さんが語る、松田達さん設計の建築系ラジオブースを素材に、美術展示のための空間を作り上げる格闘(トイレットペーパーのリサーチと配置)、また展示の概要などが主な内容です。美術家にとっての展示における「空間」感覚が詳細に語られます。実際にもぜひブースへお立ち寄り下さい。

・出演者プロフィール
栃原比比奈(とちはら・ひいな)
美術家。1977年生まれ。2001年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。2000年より中野区の知的障害者施設のスタッフとして、ダウン症や自閉症、重度の知的障害者などが絵を描くプロセスと作品を研究。2001年よりサンエックス(株)勤務、2004年退社。2010年彦坂尚嘉アトリエ(気体分子アト リエ展)、ギャラリー山口にて個展。

太田丈夫(おおた・じょうゆう)
1954年生まれ群馬大学教育学部美術科卒業。1985年より半透明構造をテーマに群馬県を主にイ ンスタレーション作品を発表「向こう側の視える作品展」など。90年代に身体の半透明性に興味を持ち、古武術の領域を研究。2000年代に絵画を中心に発表を再開。半透明構造が孕む光をテーマにかねこあーとギャリー等で個展。現在は線描を通して量子論的な「図と虚の同時表示」に関心を持ち、探求している。

・関連項目
BankART LifeIII "新・港村"
(2011年9月24日公開)

連載紹介

「建築大好き」というヒコ(美術家)とアマナイ(美学者)のコーナーです。2人の年齢差が34歳、隔世遺伝的な関係の2人が美術・美学の角度から、ひと味違う建築鑑賞の討論をします。もちろん建築家も必見の面白い美術展も取り上げて、わかりやすく、鋭く、ナイーブに迫ります。
建築系美術ラジオ

最近の配信

おすすめ記事!


特集

インフォメーション

タグクラウド

建築系ラジオTweets